このページの先頭です

林文子横浜市長からの新型コロナウイルス感染拡大に伴う福祉事業の従事者の皆様に向けたメッセージ

最終更新日 2020年5月11日

動画

メッセージ全文

 福祉施設・福祉サービス事業の従事者の皆様
 市長の林文子です。

 新型コロナウイルス感染症への大きな不安と緊張感の中で、日々、利用者の方々の命と生活を支えるため働いてくださっている皆様に、心から感謝を申し上げます。
 緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。こうした状況においても、高齢・介護、障害などの福祉施設や事業所の皆様、子どもたちの保育、教育に関わる皆様には、感染防止に細心の注意を払い、運営していただいています。
 支援を必要とする多くの方々やそのご家族が、これまでと同様の生活を送ることができるよう、横浜市の福祉施設の運営や福祉サービスを維持できているのは、現場を支えてくださっている皆様のご尽力の賜物です。

 このたび、横浜市は、「新型コロナウイルス感染症くらし・経済対策」として、5,743億円の補正予算案を取りまとめました。
 感染拡大を防止するため、マスクや消毒用アルコールなどをそれぞれの施設や事業所にお配りします。また、高齢者や児童養護施設等における個室化に必要な改修費や、保育所等において感染防止のために調達した物品の購入費用を助成します。

 今、横浜市には、多くの企業や団体の皆様、また市民の皆様から、医療機関や福祉施設で役立ててほしいと、マスクなどのご寄附をいただいています。
 5月1日からは、新たに、新型コロナウイルス感染症対策を充実するため、寄附金の受付をスタートしました。
 「横浜を応援したい」という方々の温かいお気持ちを、マスクなどと一緒にお届けし、福祉の最前線で働く皆様をお支えする力につなげてまいります。

 一刻も早く、新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、これまでの日常を取り戻せるよう、今後も横浜市を挙げて、力を尽くしてまいります。
 こういう時だからこそ、笑顔が大切です。笑顔のある生活には、皆様のお力が必要です。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

林文子横浜市長サイン

関連リンク

前のページに戻る

ページID:815-987-175

先頭に戻る