このページの先頭です

広報よこはま2015年11月号 記事3

最終更新日 2020年3月10日

家族や近所の高齢者の皆さんなどにもご案内ください
よこはまシニア通信

ツイッター公式アカウント:@yokohama_kenko

"横浜市×京急電鉄 タイアップ企画 第1弾
「介護の日&よこはま健康スタイル」フォーラム
健康長寿−住み慣れた地域で暮らし続けていく−

問合せ 市コールセンター
TEL045-664-2525 FAX045-664-2828

11月25日(水曜日) 10時~17時
新都市ホール・センタープラザ・シビルプラザ
(西区高島2-18-1 横浜新都市ビル9階)

新都市ホール地図


介護や介護予防への理解、高齢になっても健康に暮らし続けるための健康づくりに取り組むきっかけとなるようなイベントを開催します。参加者には、京急オリジナルグッズをプレゼントします(数量限定)。

基調講演「笑いと健康」

林家 木久扇さん


林家木久扇(きくおう)さん(落語家)
13時15分~14時30分(開場12時45分)

※入場には入場券が必要です。入場券は当日10時15分から、会場付近で配布します(先着1人1枚まで)
入場券配布先着480人限定

【プロフィール】(はやしや・きくおう) 東京日本橋出身。昭和44年から日本テレビ「笑点」のレギュラーメンバーとなり、平成22年には芸能生活50周年を迎え、現在も出演中。現在、(社)落語協会相談役・(社)俳人協会会員・日本トルコカッパドキア親善観光大使など精力的に活躍している。

よこはま健康スタイル講演会「ロコモを学んで健康寿命を延ばそう」

泉田 良一さん


●「ロコモ」とは「立つ」「歩く」などの移動機能が低下している状態です。ロコモを予防しましょう!

泉田良一さん(社会福祉法人 仁生社 江戸川病院 慶友人工関節センター長)
11時15分~12時30分 (開場10時45分)

認知症予防運動「認知症予防・コグニサイズ」

認知症予防・コグニサイズの様子の画像
認知症予防・コグニサイズの様子


  • 「コグニサイズ」は認知症予防に効果のある運動です。運動が苦手な人も安心してご参加できます!

金山 桂(かつら)さん(横浜YMCA専門学校作業療法士)
15時15分~16時30分 (開場14時45分)

ブース出展

市事業の紹介をはじめ、協賛企業や市関連団体が、「介護(予防)」・「健康」などをテーマにした、体験型のブースや各種相談に応じるブースなどを出展します。

過去の様子1

過去の様子2

過去の様子3


過去の様子

「介護の日&よこはま健康スタイル」フォーラムと「よこはまエンジョイウオーク2015」は、よこはま健康スタンプラリーの対象事業です。

横浜市×京急電鉄 タイアップ企画 第2弾
よこはまウォーキングポイント1周年記念
「よこはまエンジョイウオーク2015」

問合せ 市コールセンター
TEL045-664-2525 FAX045-664-2828
http://enjoy-walking.city.yokohama.lg.jp/walkingpoint/(外部サイト)

市民の皆さんの健康づくりを応援する「よこはまウオーキングポイント」も事業スタートから1周年をむかえました。この機会に、「横浜らしさ」を感じられるスポットを巡る、ウオーキングイベントを実施します。ゴールでは参加賞をプレゼントします(先着)。

【日時】 11月28日(土曜日) スタート受付 10時~12時
【スタート地点】 横浜駅東口はまテラス(横浜新都市ビル<西区高島2-18-1>2階 屋外広場「風の広場」)
【ゴール地点】 京急百貨店(港南区上大岡西1-6-1)
【参加方法】 当日スタート地点に集合(事前申込不要)

主催:市健康福祉局 特別共催:京浜急行電鉄(株)

共催:県住宅供給公社、(公社)市福祉事業経営者会、(公社)かながわ福祉サービス振興会、市介護老人保健施設連絡協議会、市住宅供給公社、(特非)市小規模多機能型居宅介護事業者連絡会

協賛:あんしんケアマネジメント(株)、(社福)育明会、(株)ウーマンズ・ワーク、有料老人ホーム エデンの園、桜栄企画(株)、オムロンヘルスケア(株)、神奈川ロイヤル(株)、グランドマスト、グリーンライフ東日本(株)、(有)在宅ナースの会、サンシティみなとみらいEAST、資生堂ジャパン(株)、(社福)秀峰会、(社福)千里会、(株)第一興商 横浜支店、(社福)地域サポート虹、介護付有料老人ホーム長寿園、(株)ツクイ、中銀ライフケア横浜希望ヶ丘、(株)白寿会、(医社)平平會グループ、(社福)ハマノ愛生会、ミモザ(株)、(株)明治、(株)メルシー、ユニ・チャーム(株)

27年10月9日現在

自分らしく、活き良き(イキイキ)暮らす

「何もない所で転んだ」、「疲れるから、家で静かにしていよう」…ちょっとしたことから、歩行や記憶力の低下が進み、介護が必要になる人が多くいます。健康づくり・介護予防、福祉・介護の取組を上手に使って、「コツコツ・ワイワイ」いつまでも自分らしく「いきがい」を持ってイキイキ暮らしましょう。

コツコツ型健康づくり

100歳になっても、旅行がしたい。
今からできる健康づくりは?

運動を続け、しっかり食事をとることで、いくつになっても筋肉は増え、脳も活性化するといわれています。

ロコモ※予防や認知症予防の最新情報や取組を、講演会などで学び、生活に取り入れましょう。

※ロコモとは…「ロコモティブシンドローム」の略称。加齢にともなう筋力低下や骨・関節の疾患など運動器の障害により、「立つ、座る、歩く」などの移動能力が低下することをいいます

問合せ 居住区の区役所高齢・障害支援課または地域包括支援センター(地域ケアプラザ)

ワイワイ型健康づくり

運動を始めたけど、三日坊主。
続ける秘訣は?

ひとりで続けることが苦手な人は、友だちと一緒に活動することも有効です。

身近な地域で体操やウオーキング、健康マージャンなどの活動を行う「元気づくりステーション※」などのグループに参加してみましょう。

※高齢者が主体的・継続的に介護予防に取り組むグループ活動

問合せ 居住区の区役所高齢・障害支援課または地域包括支援センター(地域ケアプラザ)

いきがい型健康づくり

時間も体力もできたから地域で弁当配達のボランティア。年上の友だちに喜ばれてうれしいです。

ボランティア活動は、健康づくりと地域貢献が同時にできます。

地域のボランティア情報や登録方法などはお近くの地域ケアプラザに問い合せてください。

問合せ よこはまシニアボランティアポイント事務局
TEL045-671-0296 FAX045-671-0295

「よこはまシニアボランティアポイント」でさらに楽しく
高齢者施設や配食・会食サービスなどのボランティア活動を行った場合、ポイントが得られ、寄付・換金ができる仕組みです。

ちょっと、困った時の手助け

買い物や掃除ができないから、助けてくれる人がいないかしら?

掃除、草むしり、電球交換、買い物代行・同行など、日常の困りごとを、民間事業者がお手伝いします。
「生活あんしんサポート事業」(市と協定を結び利用者の見守り活動も行います)のサービス内容や利用については、各事業者へ直接問い合わせてください。

  • サービス利用料の目安(30分)1,500円~3,000円程度(全額自己負担)
  • サービス内容や利用料は、事業者ごとに異なります

問合せ 健康福祉局高齢在宅支援課 生活あんしんサポート事業担当
TEL045-671-3924 FAX045-681-7789

専門職の力を借りて、専門職の力を借りて、体力・筋力アップ

バスに乗って外出する自信がない。趣味の会に復帰したいけど、良い方法はある?

介護保険サービスで本人の目標に向け、介護保険施設でのリハビリができます。まずは要介護・要支援認定を受け、趣味の会に行くなど、本人が目指す生活ができるよう、専門職もお手伝いをします。

問合せ 介護保険の申請についての相談は、居住区の区役所 高齢・障害支援課または地域包括支援センター(地域ケアプラザ)

訪問介護・通所介護のサービスを利用されている要支援認定者の皆さんへ

市では28年1月から、要支援1・2の認定を受けた人に対する訪問介護・通所介護が、全国一律の予防給付から市町村が取り組む「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行します。

28年1月以降に新規・更新・区分変更により要支援認定を受けた人(認定有効期間の開始年月日が28年1月以降の人)から順次移行しますが、必要な人は、これまでと同じサービスを利用できます。

今後、現在のサービスに加えて、NPO法人、ボランティアなどによるサービスを提供していきます。

問合せ 健康福祉局高齢在宅支援課
TEL045-671-2405 FAX045-681-7789

このページへのお問合せ

市民局広報相談サービス部広報課

電話:045-671-2332

電話:045-671-2332

ファクス:045-661-2351

メールアドレス:sh-koyoko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:403-235-254

先頭に戻る