このページの先頭です

【第2期指定管理期間】 平成24年度指定管理者業務評価の結果

最終更新日 2019年3月18日

平成24年度の指定管理者業務に対する業務評価を実施しました。

評価期間

平成24年4月1日から平成25年3月31日

評価の構成

指定管理者の業務評価には、指定管理者自らが実施する「自己評価」、行政が行う「行政評価」、外部の有識者による「外部評価」の3つがあります。
原則、外部評価は指定管理期間中に一度、中間年で実施します。また、非公募により指定管理者を選定した施設は、毎年度、外部評価を行います。

評価基準

A (著しく優れている):業務基準・目標水準を遥かに上回っている。
B (適正):業務基準・目標水準を達成できている(※標準点)
C (改善の必要有):業務基準・目標水準に満たない。又は一部未達成

対象施設

平成24年度外部評価実施施設
横浜みなとみらいホール、横浜能楽堂、横浜市芸能センター(横浜にぎわい座)、横浜市民ギャラリー、横浜市市民文化会館関内ホール、大倉山記念館、久良岐能舞台、横浜市長浜ホール、横浜市陶芸センター。
横浜市民ギャラリーあざみ野は、外部評価を実施していないため(平成23年度業務について実施済み)、行政評価の結果を記載しています。

評価結果

施設名称

指定管理

外部評価総評

評価表等

横浜みなとみらいホール

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

こどもの音楽体験事業等の取組をはじめ、広く市民に対して文化芸術を届けることができたと評価できる一方で、世界への発信等については、まだ強く打ち出せていません。今後は、上質な事業を実践するとともに、アクセスの良さや優れたホール機能といった資源を最大限に活用し、独自の事業を展開してほしいと思います。
また、施設の経年劣化に対しては、長期的な修繕計画をもって運営していくよう期待します。
(選定評価委員長 丸山宏)

第2期指定管理者業務評価表(PDF:517KB)
・業務完了確認表(PDF:449KB)
平成24年度業務報告(PDF:412KB)

横浜能楽堂

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

全体的に、目標水準を各項目にわたって達成していると評価します。特に、「バリアフリー能」や「横浜こども狂言会」は、横浜能楽堂ならではの社会性を持った事業であり、能楽の裾野の拡大に資する取り組みとして評価します。
今後とも、初心者が親しみを持って能楽公演に足を運んでくれるような仕掛けや、近隣文化施設との協働による新規来館者の掘り起こしなどの取組を進めることで、古典芸能の普及・発展に一層努められることを期待します。
(選定評価委員長 猪又 宏治)

第2期指定管理者業務評価表(PDF:532KB)
・業務完了確認表(PDF:377KB)
平成24年度業務報告(PDF:609KB)

横浜市芸能センター
(横浜にぎわい座)

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

B

各項目の目標水準を高いレベルで達成していると評価します。特に、市民に良質な大衆芸能の鑑賞機会を提供したこと、公的施設として地域との連携や小学校などへのアウトリーチ活動に積極的に取り組んだこと、きめ細かなホスピタリティに基づく管理運営がなされていることを評価します。
今後は、施設の未利用者のニーズ把握や広報効果の測定・分析を行い、一層の収支の改善に努められることを期待します。
(選定評価委員長 上杉幸雄)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:542KB)
・業務完了確認表(PDF:366KB)
・平成24年度業務報告(PDF:672KB)

横浜市民ギャラリー

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

B

閉館、移転という予期せぬ事態に対して、これまでの実績と経験を生かして柔軟に対応しつつ、目標水準を概ね達成したことを評価します。特に、コレクションの活用に向けたリスト化や、これまでの取り組みの成果を整理し、移転後の新しい市民ギャラリーに継承・発展させようとしている点を評価します。

今後の新たな取り組みに向けて、これまで築いてきた人的ネットワークといった資産を活用した運営や公共的な視点をもった運営を期待します。
(選定評価委員長 垣内恵美子)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:546KB)
・業務完了確認表(PDF:341KB)
・平成24年度業務報告(PDF:646KB)

横浜市民ギャラリーあざみ野

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

【行政評価】
B

【行政評価】

・一部未達成の項目については、原因を十分把握し、次年度に向けて効果的な対策を図ってください。
・展覧会事業や市民のための講座、子供向け講座を計画通り実施し、市民とアートを結びつける機会の提供をしてきました。
・引き続き基本方針に基づき、男女共同参画センター横浜北とも連携しながら施設の運営を円滑にすすめ、地域文化の振興に努めてください。

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:398KB)
・業務完了確認表(PDF:270KB)
・平成24年度業務報告(PDF:562KB)

横浜市市民文化会館
(関内ホール)

(株)tvkコミュニケーションズ・(株)テレビ神奈川・(株)相鉄エージェンシー・(株)清光社・(公財)横浜市芸術文化振興財団 共同事業体

B

施設の貸出しには利用者の立場に立った対応を取ることができていますし、若手アーティスト等の支援を行っていること、指定管理者自身の強みを活かして、テレビやインターネットを通した情報発信にも積極的に取組んでいること等は高く評価することができます。

今後は、歴史・伝統の魅力を発信することで、ホールのブランド化に取組むとともに、引き続き地元商店街等との連携による地域の活性化に期待します。
(選定評価委員長 丸山宏)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:485KB)
・業務完了確認表(PDF:393KB)
・平成24年度業務報告(PDF:796KB)

大倉山記念館

相鉄共同事業体

B

改修工事が行われる中で、利用者サービスに大きな影響を与えず、無事故で運営したことを評価します。また、特色のある歴史的建造物を積極的に利活用していること、地域の文化発信拠点としての役割を強化していくための活動を積極的に行っていることについて、評価します。

今後は、計画策定や目標設定などについて十分な検討を行い、評価につなげていくこと、現在のクレームゼロにとらわれることなく、幅広い利用者等の声を受けとめるアンテナ力を高め、対応していくことを期待します。
(選定評価委員長 芦澤美智子)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:565KB)
・業務完了確認表(PDF:395KB)
・平成24年度業務報告(PDF:366KB)

横浜市長浜ホール

相鉄・神奈川共立 共同事業体

B

野口英世博士ゆかりの施設として、博士の業績の発信やアフリカとの交流促進に取組み、長浜ホールの認知を広めた点は高く評価できます。また、地域密着の文化施設としての事業や運営にも成果が見られます。

一方、施設の利用促進策については、絶えざる工夫と努力を求めたい。また、利用者の声を的確に把握・分析し、要望や課題を行政と共有することが望まれます。
小さな施設ですが、この施設の持つ可能性を広げる努力に期待します。
(選定評価委員長 永山恵一)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:552KB)
・業務完了確認表(PDF:212KB)
・平成24年度業務報告(PDF:282KB)

久良岐能舞台

株式会社シグマコミュニケ ーションズ

B

概ね各項目ごとに、目標基準を達成していると評価します。

特に、地域と密着した事業やアウトリーチ活動を積極的に行い、能楽の振興及び地域における古典芸能の普及振興に取り組んでいる点を、高く評価します。
一方、公演収入が伸び悩んだことにより、収支がマイナスになっている点については、公的な芸術振興の場としての役割を果たしつつ、収入の見込みに応じて適切な計画が策定されることを期待します。
(選定評価委員長 猪又 宏治)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:505KB)
・業務完了確認表(PDF:285KB)
・平成24年度業務報告(PDF:538KB)

横浜市陶芸センター

シンリュウ株式会社

B

利用者の多様な技術レベルに応じたきめ細かな事業を展開し、施設の稼働率が100%に近く、極めて有効に施設活用がなされ、高く評価できます。また、環境に配慮した適切な施設管理運営も実現されています。

新たな発想による魅力あるイベントや公益的な事業なども実施しており、今後も市民の目線を意識した魅力ある施設として事業に取り組むとともに、広報や地域との交流等を深め、陶芸文化の普及を目指すよう期待します。
(選定評価委員長 芦澤美智子)

・第2期指定管理者業務評価表(PDF:493KB)
・業務完了確認表(PDF:355KB)
・平成24年度業務報告(PDF:407KB)

※ 指定管理者の名称は、平成25年3月31日時点。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局文化芸術創造都市推進部文化振興課

電話:045-671-3714

電話:045-671-3714

ファクス:045-663-5606

メールアドレス:bk-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:854-898-987

先頭に戻る