このページの先頭です

平成30年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成 支援対象事業

最終更新日 2019年2月19日

平成30年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成 支援対象事業

1. 4歳以上向け学習用新規パネルと専用タブレット開発
1. 4歳以上向け学習用新規パネルと専用タブレット開発
企業名株式会社ICON(神奈川区)
(法人番号020001033023)
URL: http://www.e-icon.co.jp/(外部サイト)
概要

お子様の成長に合わせたプログラミング学習用玩具を開発する。   

助成区分開発(2か年計画1年目)
2.パネルの故障等で低下した発電出力を補償する、太陽光発電所の遠隔監視・出力制御システムの開発
2.パネルの故障等で低下した発電出力を補償する、太陽光発電所の遠隔監視・出力制御システムの開発
企業名ウインテスト株式会社(西区)
(法人番号3020001025396)
URL:http://www.wintest.co.jp(外部サイト)
概要

太陽光発電所の保守点検管理作業を効率化する遠隔監視・出力制御システムを、パネルの故障や草木の影等で低下した発電出力を補償し、さらに故障箇所を特定する機能と共に開発する。

助成区分新技術・新製品開発(2か年計画2年目)
3.表情認識による苦痛度判定システムの研究
3. 表情認識による苦痛度判定システムの研究
企業名ギトウシステムズ株式会社(南区)
(法人番号6020002069778)
URL: https://www.gitoh.jp(外部サイト)
概要

顔画像認識により集中治療室入室の無意識状態にある患者の表情から機械学習、深層学習を用いた鎮静・鎮痛判定モデルを構築し、その判定を行うためのアプリケーションを作成する。 

助成区分研究
4.薬物吸収性予測のためのiPS細胞由来小腸細胞プレートの開発
4.薬物吸収性予測のためのiPS細胞由来小腸細胞プレートの開発
企業名

株式会社ジェノメンブレン(鶴見区)
(法人番号020001039855)
URL:http://www.genomembrane.com(外部サイト)

概要

医薬品開発過程において、新薬候補がどの程度体内に吸収されるか予測困難な事が開発中止の一因となっている。ヒトiPS細胞から分化誘導した小腸細胞を用い、小腸における薬物吸収性を評価するためのキットを開発する。

助成区分開発(1か年計画)
5.「音響透かし」による歩きスマホの危険軽減ソリューションの研究
5.「音響透かし」による歩きスマホの危険軽減ソリューションの研究
企業名

スタビリティ株式会社(西区)
(法人番号020001083871)
URL:http://www.stability.jp/(外部サイト)

概要

本研究は歩きスマホについての対策である。新たに「音響透かし」の技術を用いて、駅での案内放送やBGMに不可聴音域の音声信号を埋め込み、スマホ利用者に直接、利用制限をかける対策を行う。

助成区分研究
6.マルチファンクション組み合わせユニット壁の開発
6. マルチファンクション組み合わせユニット壁の開発
企業名株式会社高千穂(西区)
(法人番号7020001015369)
URL: http://www.takachiho-group.com/(外部サイト)
概要

次世代省エネ性とプロジェクション対応性などを有する、組み合わせ自由なユニット壁面を開発する。それにより、施工が容易で拡張性のある、単なる間仕切りではない、機能的で能動的な壁面を創出する。

助成区分開発(2か年計画1年目)
7.高出力型X線電源装置の開発
7. 高出力型X線電源装置の開発
企業名トーレック株式会社(港北区)
(法人番号9020001021159)
URL: http://www.toreck.co.jp/(外部サイト)
概要鋼材・鋳造部品の非破壊検査に高出力型のX線装置は多く使われているが、300kVを超える電源装置はすべて海外製であり国内ユーザーの経済性・利便性を損ねている。よって450kV電源装置の開発によりそれらの損失を解消する。 
助成区分開発(2か年計画1年目)
8.産業用作業者向け装着型下肢支持装置の開発
8. 産業用作業者向け装着型下肢支持装置の開発
企業名

株式会社ニットー(金沢区)
(法人番号9020001006606)
URL:http://nitto-i.com/(外部サイト)

概要「立ち仕事をする方々の負担を軽減したい」という思いから、産業向けに装着型下肢支持装置の開発を行う。工場作業者の身体的負担を軽減し産業界の労働環境改善に寄与することを目的とする。
助成区分開発(2か年計画1年目)
9.IoTを利用した船舶エレベーターメンテナンスシステムの研究
9. IoTを利用した船舶エレベーターメンテナンスシステムの研究
企業名

株式会社日本リフツエンジニアリング(港北区)
(法人番号2020001036080)
URL:http://www.nle-jpn.co.jp(外部サイト)

概要

国際航路の客船や大型商船に設置されたエレベーターの日々の稼働状況やデータを端末に記録し船舶が入港した際にIPネットワーク網を経由してその記録を当社が受取りエレベーターの遠隔診断をするシステムの研究。 

助成区分研究
10.高生産性・高品質な半導体基板材料用の環境対応型加工液の開発
10. 高生産性・高品質な半導体基板材料用の環境対応型加工液の開発
企業名

パレス化学株式会社(金沢区)
(法人番号1020001006662)
URL:http://www.palacechemical.co.jp/(外部サイト)

概要

半導体基板材料のスライシング加工に使用する加工液について、高い生産性を実現しながら高品質なシリコンウェハーを製造することが出来る環境負荷の少ない水溶性の加工液を開発する。

助成区分開発(1か年計画)
11.タービン駆動コアリングシステム用ダイヤモンドビットの開発
11. タービン駆動コアリングシステム用ダイヤモンドビットの開発
企業名ピースダイヤモンド工業株式会社(都筑区)
(法人番号3020001009218)
URL: http://www.office-web.jp/peace-diamond/pc/(外部サイト)
概要

地球深部探査船「ちきゅう」に搭載する深海の硬質岩盤を削孔する最新式タービン駆動式削孔装置に適合したダイヤモンドビットの開発。

助成区分開発(1か年計画)
12.超小型光学一体分光センサモジュールの開発
12. 超小型光学一体分光センサモジュールの開発
企業名

マイクロモジュールテクノロジー株式会社(鶴見区)
(法人番号4020001057595)

URL: http://www.micro-module.co.jp(外部サイト)
概要

分光センサパッケージと光学ユニットが一体となった業界最小サイズの分光センサモジュールを開発する。                            

助成区分新技術・新製品開発(2か年計画2年目)

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部ものづくり支援課

電話:045-671-3490

電話:045-671-3490

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-mono@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:472-745-719

先頭に戻る