このページの先頭です

平成28年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成金支援対象事業

最終更新日 2019年2月19日

平成28年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成 支援対象事業

1.高精度赤外線画像通信システムの開発
企業名インフィニテグラ株式会社
(法人番号 2020001085680)
URL:http://www.infinitegra.co.jp/(外部サイト)
概要

高精度(測定誤差±0.5)・低コスト(販売価格10万円)な赤外線カメラと、その赤外線画像を最新の通信方式であるDeviceConnectを用いて伝送するシステムを開発します。

助成区分開発
2.次世代高周波対応型検査システムの開発
企業名株式会社SDK
(法人番号6021001010492)
URL:http://www.ksdk.co.jp/index.html(外部サイト)
概要

次世代の半導体部品の検査を可能とする高周波対応型の検査システムを開発します。

助成区分開発
3.高速動作画像合成方式のワイドダイナミックレンジ・ハイビジョンカメラモジュールの開発
企業名株式会社おいぬビジョン
(法人番号3020001098640)
URL:http://www.oinuvision.co.jp/(外部サイト)
概要

輝度変化の大きい環境下における監視、産業分野の画質向上として、センサを高速動作させ、低輝度、高輝度に合わせた画像を信号処理により合成させ、最適な画像を出力します。
インターフェースは、鉄道監視に最適なデジタルシリアル信号としたハイビジョンカメラモジュールを開発します。

助成区分開発
4.スマートフォンを活用した屋内外測位技術による人の行動解析
企業名

株式会社オーク
(法人番号8020001043542)
URL:http://www.oaksway.com(外部サイト)

概要

GPSやiBeaconで人の位置情報を取得しながら、スマートフォンの各種センサを使い歩行か自動車での移動かを判定させ、駐車場内における駐車位置を特定します。データを用いて施設全体の業務効率化につなげることを目的とします。

助成区分開発(2か年開発2年目)
5.工具管理システムの開発
企業名株式会社オンダ精機
(法人番号7020001052949)
URL:http://www.ondaseiki.co.jp(外部サイト)
概要

機械加工製造業における生産管理・品質管理・技術情報共有化・経費節減を目的とした工具管理システムの開発を行いIoTとしての機能を有する工具管理キャビネットを製作します。

助成区分開発
6.生コンスラッジのリサイクル商品化技術の開発
企業名

株式会社金子コンクリート
(法人番号020001006012)
URL:http://kanecon.jp(外部サイト)

概要廃棄することが多かった生コンのスラッジケーキを安く微粉砕し、分別・精製する技術を確立します。
助成区分開発
7.統合型(環境/映像/音声等)ビデオ・プラットフォームの開発
企業名株式会社計測技術研究所
(法人番号9020001020012)
URL:http://www.keisoku.co.jp(外部サイト)
概要本研究開発では、業務用ビデオ機器に求められる性能と安定性を有しながらも、ソフトウェアで処理内容を定義可能な柔軟性を有する、統合型(環境/映像/音声等)ビデオ・プラットフォームを開発します。
助成区分開発
8.IoTに向けて「見守りシステム」のスマート化
企業名株式会社ジェイエスピー
(法人番号6020001014966)
URL:http://www.jspnet.co.jp(外部サイト)
概要IoTに向けてEdison-CPU(Intel製)を活用して各種センサを接続でき、かつアプリケーションソフトウェアを搭載したIoTコントローラを、小型化とコストダウンを実現して作成します。
助成区分開発
9.NCプログラムで動作するレーザ微細加工機
企業名株式会社タケウチ
(法人番号020001039670)
URL:http://www.tkuc.co.jp(外部サイト)
概要レーザ光で被加工物を切断する際、レーザ光加工特有の加工寸法不安定さを抑え、0.1mm以下の微細形状に対応できる装置の開発です。
助成区分開発
10.RF(無線)キー付防犯カメラ一体型LED防犯灯の開発
企業名

日興電気通信株式会社
(法人番号9010701007400)
URL:https://www.ndtc.co.jp/(外部サイト)

概要個別の専用RF(無線)キーを用いて無線LANのON/OFFを行い、第三者への映像情報漏えいを防ぎ、プライバシー保護が可能な防犯カメラと防犯灯が一体となった明るさと安全を担う防犯機器の開発を行います。
助成区分開発
11.中世城郭(城跡)で遊べて学べるエンターテイメントアプリの開発
企業名

パートナー産業株式会社
(法人番号1020001021447)
URL:http://www.patoco.com/(外部サイト)

概要

メディアでも話題になったお城のARを、地域発展の為現地で楽しく遊べるように改良するシステムを作ります。

助成区分開発
12.高感度型ICP発光分光分析装置導入による次世代型半導体加工用潤滑液の開発
企業名パレス化学株式会社
(法人番号1020001006662)
URL:http://www.palacechemical.co.jp/(外部サイト)
概要

半導体製造上工程(スライス・ラッピング・ポリッシング)における加工工具等からの金属汚染による半導体製品の性能低下抑制(防止)及び環境負荷物質の削減を可能とする次世代型半導体加工用潤滑液の開発です。

助成区分開発
13.コンクリート構造物を無水切断・穿孔が可能なダイヤモンド工具の開発
企業名ピースダイヤモンド工業株式会社
(法人番号3020001009218)
URL:http://www.office-web.jp/peace-diamond/pc/(外部サイト)
概要既設構造物の改修・補強・調査等の切断・穿孔工事では、切削水による弊害によりDRYな施工が要求されています。当社は今まで実用化されていないコンクリート構造物を無水切断・穿孔可能なダイヤモンド工具の開発を行います。
助成区分開発
14.液状・スプレー型癒着防止材の治験申請に関する研究開発
企業名株式会社ファルネックス
(法人番号1010801024724)
URL:http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/companylist/index.html(外部サイト)
概要

当社独自の液状・スプレー型癒着防止材に関して、大手製薬・医療機器メーカーとの契約締結と治験申請用データ取得を目指した研究開発を実施します。

助成区分開発
15.8パッチシェルフアンテナによるクラウド型資産管理システムの開発
企業名峰光電子株式会社
(法人番号6020001034171)
URL:http:// www.hoko-elec.co.jp/(外部サイト)
概要

特許申請中のシェルフアンテナの構造を改良し、読み取り性能を向上させることで、既設の棚に敷くだけでその上に置かれた資産のRFIDタグを読み取り、その所在や状態を管理することができるクラウド型システムを構築するためのアンテナ及びソフトウェアの開発です。

助成区分開発(2か年開発2年目)
16.断線検査器用新型磁気センサの開発
企業名株式会社ミナロ
(法人番号1020001047145)
URL:http://www.minaro.com(外部サイト)
概要自動車用窓ガラスに組み込まれているプリントアンテナ線の断線を調べるための検査器(ガラスメーカーの量産ラインで使用)に用いる新型磁気センサの製作を行います。
助成区分開発
17.新マグネシュウム合金の新開発車椅子<ラリー5Mg>
企業名有限会社ムーヴ
(法人番号7020002065305)
URL:http://www.move-inc.jp(外部サイト)
概要ラリーの理念とデザインを、マグネシュウム新合金の強度と軽比重を活かした車椅子で、ユーザーの体幹的経済的負担の軽減と操作性向上を図ります。<LARRY5 Mg>(ラリーファイブエムジー)を製品化、・ヨコハマ生まれ・SBIR育ちを発信します。
助成区分開発
18.移乗支援機能を備えた車いすの開発
企業名

ヨコキ株式会社
(法人番号9020001919731)

URL:http://www.yokoki.co.jp(外部サイト)
概要『利用者を持ち上げずに滑らせる技術』を使い、車いすの基本機能である『長時間の良い座り心地』、『容易な移動機能』を保ったまま移乗作業の大幅な負荷軽減を実現できる『移乗支援機能を備えた車いす』を開発します。
助成区分開発
19.放線菌代謝産物由来の皮膚バリア機能改善効果を有する原料の開発
企業名

ワミレスコスメティックス株式会社
(法人番号020001004630)

URL:http://www.wamiles.co.jp/index.html(外部サイト)
概要

放線菌の培養液から、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚のバリア機能障害に対して改善効果を有する有用な原料を開発します。

助成区分開発
20.内包物の送達に有用な安定したカチオン化ベシクルの開発
企業名

ワミレスコスメティックス株式会社
(法人番号020001004630)

URL:http://www.wamiles.co.jp/index.html(外部サイト)
概要

皮膚の浸透に有用なベシクルに、皮膚への吸着性を付与するカチオン化技術を適用して、内包物の送達を促進するキャリアとなるカチオン化ベシクルを開発します。

助成区分開発

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部ものづくり支援課

電話:045-671-3490

電話:045-671-3490

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-mono@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:136-860-589

先頭に戻る