このページの先頭です

平成26年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成金支援対象事業

最終更新日 2019年2月19日

平成26年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進助成 支援対象事業

1.HDTV信号用プログラマブル・ソフトウェアー無線装置の開発
1.HDTV信号用プログラマブル・ソフトウェアー無線装置の開発
企業名株式会社アイデンビデオトロニクス
概要電子技術の進歩でビデオカメラの小型・低価格化が進み用途・市場が広がっている。PCから、ソフトウェアー無線装置でビデオカメラを遠隔操作し同時にHD映像を無線伝送する世界初の技術で市場の拡大をリードする。
助成区分開発
2.溶接可視化カメラを用いた溶接品質検査装置の開発
2.溶接可視化カメラを用いた溶接品質検査装置の開発
企業名ウェルドビジョン合同会社
URL:http://www.weldvision.jp/(外部サイト)
概要手溶接・半自動溶接等を溶接可視化カメラにより画像計測を行い、溶接品質判定や技術技能伝承に利用可能な手法・装置を開発する。
助成区分開発
3.エアーとウレタンを組み合わせた新型クッション材の開発
3.エアーとウレタンを組み合わせた新型クッション材の開発
企業名株式会社ウォーキングDAY
概要エアーと特殊加工したウレタンを組み合わせた新クッション材を開発する。現在医療・介護の在宅化の中、高齢者・身体的弱者でも簡単に取り扱え、支える世代にも幅広く活用することで、痛みや不具合のない快適な生活を提供する。
助成区分開発(2か年開発2年目)
4.通信機能付き撮像装置を活用した小型軽量の表面状態計測装置(接触角計)の開発
4.通信機能付き撮像装置を活用した小型軽量の表面状態計測装置(接触角計)の開発
企業名株式会社エキシマ
URL:http://excimer.co.jp/(外部サイト)
概要平面の表面処理状態や汚染状態を把握する次世代の接触角計の開発。具体的には、スマートフォンやタブレット端末を利用し、手軽にどこでも高精度の測定結果を得られる測定装置を開発する。
助成区分開発
5.物流用積層膜コンテナ内装袋自動製造装置の開発
5.物流用積層膜コンテナ内装袋自動製造装置の開発
企業名エステー産業株式会社
概要清潔性・安全性の高い大型物流コンテナ用内装袋を 立体断面膜で仕上ることで強度を増し、省スペース性と自立機能を付加する。無人化による完全自動製造とすることで、異物混入事故を防ぐ。
助成区分開発
6.LED照明制御機能付小型高精細カメラモジュールの開発
6.LED照明制御機能付小型高精細カメラモジュールの開発
企業名株式会社おいぬビジョン
URL:http://www.oinuvision.co.jp/(外部サイト)
概要産業分野の高画質、高機能化として、映像信号処理からLED照明を制御し、高精細CMOSセンサーからのデジタル信号をシリアル変換し、汎用の同軸ケーブルでの伝送を可能としたカメラモジュールを開発する。
助成区分開発
7.肌ダメージ低減効果に優れた持続性スキンケア化粧料の開発
7.肌ダメージ低減効果に優れた持続性スキンケア化粧料の開発
企業名癸巳化成株式会社
URL:http://www.taketombo.co.jp/(外部サイト)
概要温暖化やオゾン層破壊が進む中、ドライスキンやUV起因の肌老化等、肌ダメージリスクが増大している。本計画は地球環境対応を主眼とした効果持続力の高い保湿及びUV防御スキンケアの開発を目指すものである。
助成区分開発
8.左右チャンネル及び電源部独立の3筐体による超高音質コントロールアンプの開発
8.左右チャンネル及び電源部独立の3筐体による超高音質コントロールアンプの開発
企業名協同電子エンジニアリング株式会社
URL:http://www.kyododenshi.com/(外部サイト)
概要当社の特許技術であるハイブリッド・アッテネーターと、無帰還増幅回路技術その他の技術等を組み合わせ、アナログアンプ部の左右及び電源部兼コントロール部の3筐体構成の最高音質のコントロールアンプを開発する。
助成区分開発
9.金型監視装置ROBOT-EYE SX-910の開発
9.金型監視装置ROBOT-EYE SX-910の開発
企業名シグマックス株式会社
URL:http://www.robot-eye.co.jp/(外部サイト)
概要現行販売しているSX-710シリーズより(1)処理速度UP(2)高解像度化(監視精度の向上)(3)検査機能の充実を実現すべく金型監視装置ROBOT-EYE SX-910を開発する。
助成区分開発
10.高炉スラグ微粉末を使用する施工性能・耐久性能・環境性能に優れた低炭素型生コンクリートの製造
10.高炉スラグ微粉末を使用する施工性能・耐久性能・環境性能に優れた低炭素型生コンクリート の製造
企業名株式会社東伸コーポレーション
URL:http://toshinco.co.jp/(外部サイト)
概要製鐵の副産物である高炉スラグ微粉末を特に炭酸ガス排出源であるセメントの内割で代替使用する事により、建設におけるコンクリート工事での温室効果ガスを大幅に削減できるコンクリートを開発する。同時に施工性能・耐久性能・環境性能に優れたコンクリートを開発することにより、長期耐久性能に優れたコンクリート構造物の実現に寄与する。
助成区分開発
11.多種の炭化水素を分解する菌を利用した排水処理法
11.多種の炭化水素を分解する菌を利用した排水処理法
企業名日之出産業株式会社
URL:http://www.hinodesangyo.com/(外部サイト)
概要炭化水素系化合物に関し、多種類の分解能を有する菌を選択・利用し、多様な化学系廃水の生物処理を可能とする。自社開発の分散菌処理技術を利用することで、処理法を確立し市場の拡大を図る。
助成区分開発
12.グリーンナノ粒子接合剤の開発・製造と実装技術への応用
12.グリーンナノ粒子接合剤の開発・製造と実装技術への応用
企業名株式会社ファインテック
URL:http://finetech.co.jp/(外部サイト)
概要環境に配慮した植物由来のグリーン合成法によるナノ粒子接合剤を開発する。同時に、サーマルショックや振動・たわみに強い接合剤の実装技術の確立を目指す。
助成区分開発
13.4K-SDI信号位相調整機(3G-FS)の開発
13.4K-SDI信号位相調整機(3G-FS)の開発
企業名株式会社プロスパー電子
URL:http://www.prosper-e.co.jp/(外部サイト)
概要4K/8K映像は今までと異なり「田の字」のように複数の映像により1枚の画面が構成される。本計画では4K映像を対象に、映像制作側で複数の映像間で発生するずれ調整と映像の乱れを修復する機器を開発する。
助成区分開発
14.小型電動モビリティ向け超小型・高耐熱SiCパワーモジュールの開発
14.小型電動モビリティ向け超小型・高耐熱SiCパワーモジュールの開発
企業名マイクロモジュールテクノロジー株式会社
URL:http://www.micro-module.co.jp/(外部サイト)
概要小型電動モビリティ向けモータ制御用SiCパワーモジュールを独自の3次元構造で試作品を完成させ、一連の評価を実施してきた。今回、商品化及び量産化に向け、更なる小型化と高生産性を実現する新たな実装構造の超小型SiCパワーモジュールを開発する。
助成区分開発(2か年開発2年目)
15.アトピー患者用化粧料、及び動物用・ヒト用止血材の開発
15.アトピー患者用化粧料、及び動物用・ヒト用止血材の開発
企業名ユニクス株式会社
URL:http://www.uniqs.co.jp(外部サイト)
概要アトピー患者向けに保存料を使用しない非動物由来の安全な化粧料を開発する。併行して、同じ製法技術、同じ素材を用いて動物用・ヒト用止血材を開発する。
助成区分開発
16.クラウド型徘徊見守りシステムの試作開発
16.クラウド型徘徊見守りシステムの試作開発
企業名株式会社リキッド・デザイン・システムズ
URL:http://liquiddesign.co.jp/(外部サイト)
概要認知症患者の徘徊を駅や交番等の公共施設で検知し、関係者の携帯に知らせる、または保護者がネットで位置検索できるシステムを試作。加えて、徘徊者自身の靴につけたLED素子を点滅させ、周りの人に徘徊者と気付かせる機能を持たせる。
助成区分開発

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部ものづくり支援課

電話:045-671-3490

電話:045-671-3490

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-mono@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:963-494-459

先頭に戻る