このページの先頭です

建設業に関する資格取得助成金募集(31年度募集)

最終更新日 2019年4月19日

建設業に関する資格取得助成金の募集内容

中小企業が従業員へ補助している建設業に関する資格取得費用(受検料及び講習受講料)の経費の一部を、1社最大10万円まで助成します。

1.補助対象者

市内に本社を置く、建設業を営む中小企業で、従業員の建設業にかかる国家資格取得に要する費用を負担する中小企業

2.申込期間

平成31年4月18日(木曜日)~※予算に達した時点で受付終了とします。

3.補助対象経費等

建設業に係る資格取得に要する受検料及び講習受講料
※経補助率は1/2以内、かつ10万円を上限とします。
※助成金の算出にあたり千円未満の端数が生じた場合は、千円未満の端数を切り捨てた額となります。
※1社10万円までを上限とします。

<対象となる資格例>
建設機械施工技士/土木施工管理技士/建築施工管理技士/建築士など
※法律に定められている建設業に関する資格であれば、原則対象となります。
(ただし、職業能力開発促進法に定められる「技能検定」は対象外)

★よくあるお問合せはQ&Aをご覧ください!

4.受付対象試験・講習

助成金の申請後に申込を行い、かつ31年度に実施する試験及び講習。

※なお、試験及び講習は、原則32年2月末までに実施報告書が提出できるものに限ります。

<対象期間が年度をまたがる場合の特例>

平成31年3月1日~4月17日に申し込んだもので31年度に終わる試験・講習に限って、申込後の申請が可能です。
(なお、この特例に関する助成金申請の締切期限は、5月17日(消印有効)です。ご注意ください。)

建設業に関する資格取得助成金の申請方法

申請受付後、必要に応じてヒアリングを行い、助成の交付又は不交付について結果を通知します。
交付決定された場合、受検または講習受講後すみやかに実施報告書・領収書等を提出いただき助成金額を確定の上、
その結果を通知します。
その後、請求書等を提出いただき、助成金を交付します。
なお、申請時の経費(受検料及び講習受講料)から、実際にかかった経費が2割以上減額となる場合は、
別途理由書をご提出いただきます。

1.申請時

次の書類を横浜市経済局経営・創業支援課に持参又は郵送(簡易書留)で提出して下さい。
(ご申請の際は、事前にお電話等でご相談ください。)

(5)一般建設業・特定建設業許可通知書の写し
(6)資格又は資格取得に係る講習等の内容及び経費の分かる書類またはこれらに類する書類
(7)履歴事項全部証明書(商業・法人登記簿謄本)(原本、発行後3か月以内のもの)
(8)直近1年の法人市民税、事業所税、固定資産税及び都市計画税の納税証明書(法人市民税は非課税の場合は滞納がない証明書)

2.資格取得の受検又は当該資格に係る講習等の完了後

次の書類を横浜市経済局経営・創業支援課に持参又は郵送で提出して下さい。
※必要に応じて、下記以外にも成果物の確認・提示を求める場合があります。

(2)資格取得の受検料又は資格取得に係る講習等の受講料を支払ったことを証する書類

3.助成金の交付請求

次の書類を横浜市経済局経営・創業支援課に持参又は郵送で提出して下さい。

横浜市資格取得に関する助成金交付要綱

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部経営・創業支援課

電話:045-671-4236

電話:045-671-4236

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-keiei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:639-486-907

先頭に戻る