このページの先頭です

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金         (「新しい生活様式」対応支援事業)

保健衛生対策や3密対策、新しいビジネス展開など、新しい生活様式に対応するための設備導入や工事に施した経費を補助します。

最終更新日 2020年9月17日

お知らせ

追加募集について(9/17更新) ※第1回(8月)に事前エントリーされた方は対象外です

10月に追加募集を行います。補助金の内容は、第1回(8月)と同じ内容です。


申請の手続き・募集期間について

申請には事前エントリーが必要です


<事前エントリーの受付期間>

  • 回:令和2年1012日(月曜日)10時~1016日(金曜日)17
  • 回:令和2年1019日(月曜日)10時~1030日(金曜日)17

※第1回(8月)の事前エントリーは終了しています。


※事前エントリーは、第1回~第3回を通して1度しかできません。
  重複してエントリーされた場合は、無効となりますので、ご注意ください。


※第2回の募集数=2,000件、第3回の募集数=「予算総額8億円」-「第2回のエントリー数」
 期間内であっても、募集数に達し次第、受付を終了します。
 (残数は事前エントリーの入力フォーム上で表示)

はじめに(まずこちらをご覧ください)

これから申請をお考えの方へ(事前エントリーをしていない方)

申請にあたっての主な条件

補助対象となる設備の要件

業務上用いるものであって、「新しい生活様式」に対応するために購入した設備又は施工した工事であり、
以下の3つのいずれかに当てはまるものが対象です。

  • 従業員及び来客等の保健衛生対策
  • 3密対策
  • 「新しい生活様式」に対応した新たなビジネス展開

設備の導入例について

対象となる設備等の例は、事例集をご参考にしてください。
※なお、要件に合致している必要があるため、募集案内を必ずご確認ください。

補助金額・補助上限額

補助金額・補助上限額
補助対象者 補助金額 補助上限額
法人

設備・工事等の費用(※)の90%

30万円
個人事業主 15万円

*必ずご確認ください(募集案内)*

補助金の受領には様々な条件を満たす必要があります。
必ず募集案内をご確認いただき、要件に合致しているかどうかをご確認ください。
※要件を満たしていない場合、補助金を交付できません。

申請の手続きについて

申請の流れについて

①事前エントリー<まず最初に、事前エントリーが必須です>

②交付申請兼実績報告書提出

③交付決定兼交付額確定通知書受領

④請求書提出

⑤補助金受領

事前エントリー

申請には事前エントリーが必要です。ただし、本事前エントリーをもって、補助金の支払いを確約するものではありません

事前エントリーの受付期間

  • 回:令和2年1012日(月曜日)10時~1016日(金曜日)17
  • 回:令和2年1019日(月曜日)10時~1030日(金曜日)17

※第1回(8月)の事前エントリーは終了しています。


※第2回の募集数=2,000件、第3回の募集数=「予算総額8億円」-「第2回の事前エントリー数」
期間内であっても、募集数に達し次第、受付を終了します。(残数は事前エントリーの入力フォーム上で表示)

事前エントリーは、第1回から第3回を通して1度しかできません。重複してエントリーされた場合は、無効となりますのでご注意ください。

事前エントリー方法

・次のエントリーフォームにアクセスし、必要事項を入力のうえ、エントリーしてください。
(募集開始日時になりましたら、エントリーフォームのURLを公開します)
<入力項目>
事業者名、代表者名、担当者名、電話番号、メールアドレス、
投資内容(「保健衛生対策」、「3密対策」、「新しいビジネス展開」、の何に当てはまるかをチェック)等
※事前エントリーでは、購入するものや購入金額については聞きません。


・入力いただいたメールアドレス宛に「受付番号」が届きます。
・ 「受付番号」は申請書類に記載する番号ですので、大切に保管してください。
※以下のエントリーフォームからエントリーできない場合は、FAX用の事前エントリー票をお送りしますので、045-211-4493までご連絡ください。
※ただし、FAXによるエントリーの場合、エントリー完了とFAXによる受付番号のお知らせまでに、時間がかかります。

事前エントリーフォーム(10月12日10時に公開)

申請される皆様のよくあるご質問をまとめました。

事前エントリーがお済みの方へ

事前エントリーをしていない方は、「これから申請をお考えの方へ」の欄をご覧ください。

申請書作成の前に、必ず「募集案内」と「動画」をご確認ください。

①募集案内

募集案内において、提出書類申請書類の記入方法注意事項等を記載しておりますので、
必ず募集案内をご確認ください。
※要件を満たしていない場合、補助金を交付できません。

②交付申請兼実績報告書作成の説明動画

様式のダウンロード

申請書類の記入方法やよくある誤りに関する説明動画です。
事前に、募集案内及び本動画をご確認のうえ、申請書を作成ください。

交付申請兼実績報告書の提出について

設備等の購入設置・工事の竣工・支払いの完了後、「交付申請兼実績報告書類一式」を提出してください。
事前エントリーをしていない場合は、申請できませんので、ご注意ください。

提出期間

第1回(8月)事前エントリー済みの方

令和2年11月30日(月曜日) 必着

第2回・第3回(10月)事前エントリーの方

事前エントリー受付完了通知の受領後~令和2年12月25日(金曜日) 必着

※第1回(8月)と、第2回・第3回(10月)で、締切が異なりますのでご注意ください。

提出方法

下記の提出書類について、次の宛先までご郵送ください。
※郵送にあたっては、申請書類が確実に届くよう、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。

【郵送先】
〒231-0005
横浜市中区本町4-43 5階511号室
「中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金 事務局 申請担当」宛

提出書類

書類の記載方法などは、募集案内(p.11~p.15)に記載しておりますので、
必ずご確認をお願いします。

「法人」の提出書類

「法人」提出書類一覧
提出書類
1

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金交付申請兼実績報告書(第1号様式)
 ダウンロード:word形式(ワード:91KB) PDF形式(PDF:772KB)

2 <横浜市内で事業を営むことが確認できる公的書類>
次の「いずれか」をご提出ください。
「法人設立・開設届出書」の控えの写し
②直近の「法人市民税の申告書」の控えの写し
③発行から3か月以内の「法人登記簿謄本(履歴事項全部証明書)」の写し
  (設備を設置する拠点の住所が記載されている場合のみ)

設備を設置する拠点の住所が記載された公的書類で、「受付印」が押印されたものをご提出ください。
  なお、電子申請のため受付印がない場合は、「受信通知(受領通知)」もご提出ください。

3

経費の内訳がわかる領収書の写し
※領収書の発行者欄に横浜市内の「住所」又は「電話番号」が記載されていること
※宛名に「法人名」が記載されていること
内訳がわからない場合は、領収書に加えて、内訳がわかる請求書等の写しも提出してください。

4 購入・工事等の内容が確認できる写真(完了場所の写真等。工事の場合にはできるだけ 施工前の写真も提出してください。)
5

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金 チェックシート
 ダウンロード:word形式(ワード:27KB) PDF形式(PDF:440KB)


本補助金の申請にあたっては、必ず募集案内をご一読ください。

「個人事業主」の提出書類

「個人事業主」提出書類一覧
提出書類
1

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金交付申請兼実績報告書(第1号様式)
 ダウンロード:word形式(ワード:91KB) PDF形式(PDF:772KB)

2

<横浜市内で事業を営むことが確認できる公的書類>
次の「いずれか」をご提出ください。
「個人事業の開廃業等届出書」の控えの写し
②直近の青色申告書のうち、
 「確定申告書第一表」及び「所得税青色申告決算書」の控えの写し
設備を設置する拠点の住所が記載された公的書類をご提出ください。
※公的機関の「受付印」が押印されたものをご提出ください。
  なお、 電子申請のため受付印がない場合は、 「受信通知(受領通知)」もご提出ください。


3

経費の内訳がわかる領収書の写し
※領収書の発行者欄に横浜市内の「住所」又は「電話番号」が記載されていること
※宛名に、申請者の「屋号・商号」または「代表者名」が記載されていること
内訳がわからない場合は、領収書に加えて、内訳がわかる請求書等の写しも提出してください。

4 購入・工事等の内容が確認できる写真(完了場所の写真等。工事の場合にはできるだけ施工前の写真も提出してください。)
5

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金 チェックシート
 ダウンロード:word形式(ワード:27KB) PDF形式(PDF:440KB)

本補助金の申請にあたっては、必ず募集案内をご一読ください。

市内の工事事業者をお探しの皆様へ

神奈川県電気工事工業組合、横浜市管工事協同組合がお手伝いします。

お近くの工事事業者をご紹介します。ただし、事業者をご紹介するのみですので、工事の内容や費用等のご相談は、紹介された工事事業者と直接行ってください。

住宅電気工事センター お問い合わせ先
住宅電気工事センター名 電話番号 所在地 受持ちエリア

鶴見

045-502-0272

横浜市鶴見区鶴見中央3-26-4
鶴見商工会館2F

鶴見区、港北区(一部を除く)
神奈川区(一部を除く)

高島 045-261-0667 横浜市西区御所山町18-2

神奈川区(一部を除く)、保土ヶ谷区(一部を除く)、西区、中区(一部を除く)、南区(一部を除く)、港北区(一部を除く)

045-252-6879

横浜市中区三吉町4-1
神奈川県電気工事会館2F

磯子区、港南区(一部を除く)、中区(一部を除く)、南区(一部を除く)、金沢区
中山 045-931-6639

横浜市緑区中山3-34-38
楠原医院2F

緑区、青葉区、都筑区、保土ヶ谷区(一部)
戸塚 ※ 045-864-8834 横浜市戸塚区戸塚町2885 戸塚区、泉区、栄区、港南区(一部を除く)
045-391-3467 横浜市旭区笹野台3-5-9 旭区、瀬谷区

各住宅電気工事センターの受付時間は、9:00~17:00までです。
※戸塚の受付時間のみ9:00~16:00となります。

その他の様式

●中小企業「新しい生活様式」対応支援事業補助金交付請求書(第6号様式)
  ダウンロード:WORD形式(ワード:44KB) PDF形式(PDF:589KB)


※交付請求書の 「記入例」こちら(PDF:644KB)

交付要綱等のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金コールセンター

電話:045-211-4493 受付時間:9:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く)

電話:045-211-4493 受付時間:9:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く)

前のページに戻る

ページID:790-404-615

先頭に戻る