このページの先頭です

鎌倉重治マイスター(タイル技能士)

最終更新日 2019年3月1日

鎌倉 重治(かまくら しげはる)
タイル技能士

平成11年度選定(第4期)
鶴見区在住

  • 昭和9年生まれ、横浜市出身
  • 鎌倉タイル店代表
  • 1級タイル張り技能士、職業訓練指導員、2級建築施工管理技士
  • 社団法人神奈川県タイル煉瓦協会専務理事、神奈川県タイル工事協同組合理事長などを歴任

品の良い作品作りにかける情熱

「本当に優れたものは見たときにすぐ分かる」、「隙間が均一で平らに貼ってあるのはもちろんですが、素晴らしいものは品がある。人間に上品、下品があるように、建物も品がいいものがあるのです」と鎌倉さん。

多くを語らない父親の背中を見ながらその技を学んできました。現場や講習会において、後進の指導に積極的に取り組み、多数の若手後継者がタイル張り技能コンクールで優秀な成績をおさめています。

マイスターの技


伝統的な積上げ張り工法(だんご張り工法)に加え、新しく普及した圧着工法についても研究に取組み、技能の研鑽を重ねてきたことで、美観と耐久性を兼ね備えたタイル施工が可能となり、高い評価を得ています。

伝統的なスタイルから最新のスタイルまでニーズに合った芸術性の追求に努力しています。

※積上げ張り工法(だんご張り工法):タイルを一枚一枚壁面の下部から上部へ積み上げるように一段ずつ貼りつける工法です。下地が柔らかく、力の加減が難しいため、一人前になるのに7~8年かかります。

※圧着工法:タイルを接着剤で壁に貼る工法です。最初は吸水性に対応するため混和剤を工夫していましたが、近年かなり接着剤が進歩しました。一人前になるのに3年程度かかります。

プロフィール

横浜生まれ横浜育ち。

鶴見工業高等学校卒業後、戦前に全国でれんがの工業用炉を手掛けた父親に憧れ、父親が始めた鎌倉タイル店に入社し、技能研鑽と技法研究に努める。

主な受賞歴

  • 昭和39年 神奈川県技能競技大会優勝
  • 平成7年 神奈川県卓越技能者表彰受賞(神奈川県知事)
  • 平成16年 「現代の名工(卓越した技能者)」表彰受賞(厚生労働大臣)
  • 平成22年 黄綬褒章受章

ここでマイスターの技に出会える!

株式会社鎌倉タイル店
横浜市鶴見区獅子ケ谷1-39-32
電話:045-581-3240

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部雇用労働課

電話:045-671-2341

電話:045-671-2341

ファクス:045-664-9188

メールアドレス:ke-koyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:827-256-979

先頭に戻る