このページの先頭です

創業期ビジネス支援事業 スタートアップ企業伴走支援プログラム

新型コロナウイルス感染症拡大による市内経済や市民生活への影響が大きくなる中で、危機に立ち向かう柔軟性や独創性を有する創業間もない市内企業や、社会課題解決に資する事業を展開するソーシャルビジネス事業者を対象にした支援プログラムです。未曽有の環境変化にあって、大きく舵を切らねばならない企業経営者が抱えるお困りごとに対して、経営アドバイスを行うとともに、経験豊富な支援人材が約6か月(18回程度)の個別支援を行い、課題解決に繫げます。Zoom等のオンラインも活用し、個別に伴走支援します。

最終更新日 2020年8月24日

令和2年度の支援企業4社が決定!!

支援対象企業

決定した4社については、約6か月(各18回程度)にわたって伴走支援を行います。
・株式会社エフイー(代表者:本藤 浩樹)http://www.fecorp.co.jp/(外部サイト)
・株式会社ジェイネクスト(代表者:牧野 雄一郎)https://j-next-co.jp/(外部サイト)
・株式会社プラスオーソ(代表者:吉井 幹人)http://www.plusortho.co.jp/(外部サイト)
・YADOKARI株式会社(代表者:さわだいっせい、ウエスギセイタ)https://yadokari.net/(外部サイト)
 

今後のスケジュール

今後のスケジュール

① 支援期間 9月~2月(約6か月)
② 成果報告 3月上旬
支援対象企業による成果発表。開催が近くなりましたら、記者発表予定です。

スタートアップ企業伴走支援プログラム事務局
(一般社団法人ディレクトフォース)
※本事業は横浜市が一般社団法人ディレクトフォースに委託して実施します。

T E L :03-6865-7860  E-mail:yokohama-venture@directforce.org
http://www.directforce.org/business/kigyo-shien-03.html(外部サイト)

令和2年度創業期ビジネス支援事業 スタートアップ企業伴走支援プログラム参加企業募集

~未曾有の環境変化の中、挑戦しつづける~ 創業期の市内企業を募集! 経営のプロがあなたの企業に寄り添います。

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

令和元年度最終プログラム「プレゼンテーション・デイ」開催!

令和元年度の最終プログラムである「プレゼンテーション・デイ」では、支援企業8社が、ご来場いただいたベンチャーキャピタルや金融機関、事業会社、メディアなどに向けてビジネスモデルをプレゼンテーションしました。プレゼンテーション後は、登壇企業と名刺交換できる交流会を行いました。
http://www.directforce.org/business/kigyo-shien-03-2019.html(外部サイト)
 

令和元年度 横浜アクセラレーションプログラム ベンチャー企業支援事業の支援企業8社が決定

支援対象企業

決定した8社については、約6か月(20回程度)にわたって伴走支援を行います。
・アットドウス(株) (横浜市旭区、代表者:中村秀剛)
・(株)エナ・ストーン (横浜市港北区、代表者:明道保衛)
・かながわ経済新聞合同会社 (横浜市港北区、代表者:千葉龍太)
・(株)Q-GARDEN (横浜市磯子区、代表者:小島理恵)
・クールフライヤー(株) (横浜市泉区、代表者:山田光二)
・(株)ニット― (横浜市金沢区、代表者:藤澤秀行)
・VRワイバオ・ジャパン(株) (横浜市保土ケ谷区、代表者:樽谷隆)
・(株)PRESENCE (横浜市金沢区、代表者:三戸究允)

今後のスケジュール

今後のスケジュール

①キックオフミーティング 7月31日
②支援期間 8月~2月(約6か月)
③プレゼンテーション・デイ 2月下旬・・・支援企業による成果プレゼンテーション。開催が近くなりましたら記者発表予定です。

キックオフミーティング概要

日時:令和元年7月31日 14時~16時
会場:情報文化センター(所在地:横浜市中区日本大通11)
内容:支援企業による事業プレゼンテーションと支援人材の照会
対象:支援対象企業8社と、その支援人材、横浜市経済局

横浜アクセラレーションプログラム事務局(株式会社DFマネジメント)
TEL:03-6865-7860 E-mail:yokohama-venture@directforce.org

横浜アクセラレーションプログラムwebサイト


キックオフミーティグ集合写真(当日の様子)

前のページに戻る

ページID:284-507-262

先頭に戻る