このページの先頭です

横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP.横浜)

最終更新日 2020年7月21日

LIP横浜表紙画像

横浜市は、ライフサイエンス分野の可能性に早くから着目し、これまでも、研究環境の整備や、総合特区制度などを活用した企業・研究機関のプロジェクト支援などに取り組んできました。
今後も持続的に、横浜から健康・医療分野のイノベーションを生み出し続けるためには、多くの企業・大学・研究機関の力を結集して、新たなアイディアを出し合う場を作るとともに、そこから生まれたアイディアを着実に育てていく仕組みが求められています。

そこで、横浜市では、横浜から健康・医療分野(※)のイノベーションを持続的に創出していくことを目的として、産学官金が連携して取り組むためのプラットフォーム「横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP.横浜)」を立ち上げ、運営しています。
このプラットフォームでは、企業・大学・研究機関ネットワークから革新的なプロジェクトを生み出すとともに、中小・ベンチャー企業等に対する製品化に向けた支援を行い、新技術・新製品の開発を促進していきます。

(※)創薬、医療機器開発、診断技術開発、予防医療、再生医療、介護・福祉、健康サービスなど

LIP横浜概念図

トピックス

LIP.横浜の紹介

リーフレット

動画

LIP.横浜の取組紹介

LIP. YOKOHAMA BIBLIO

みなとみらいにある健康・医療関連ベンチャー⽀援拠点「LIP.YOKOHAMA BIBLIO(ビブリオ)」では、医学・薬学に関連する文献の閲覧、創薬や事業戦略の専門家相談、イベント・セミナーを開催しています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

個別相談・⽀援

⽀援機関「⽊原財団」・「IDEC横浜」のコーディネータ等による、段階に応じた丁寧な相談・⽀援をしています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

助成金

健康・医療研究開発実⽤化に関する助成⾦に関する情報は、下記リンクからご覧ください。

医⼯連携⽀援事業

横浜市は、市内企業と医療機関、研究機関、専門家等の有機的な連携により、革新的な医療機器の研究・開発を促進しています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

海外連携

海外展開⽀援にご興味のある⽅は、下記リンクからご覧ください。

ヘルスケアビジネス

ヘルスケアビジネスとは、健康関連産業等を指します。ヘルスケアビジネスに多くの市内企業が参入できる機会をつくるために、情報提供や事業化支援などを行っています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

関連事業

LIP.横浜への参加登録について

会員登録

会員登録を希望される方は、下記リンクよりご登録ください。

会員一覧

会員一覧については、下記リンクよりご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:130-374-227

先頭に戻る