このページの先頭です

医療・介護等の製品開発を募集します!

「医療・介護現場のお困りごと」を解決する製品・システム開発、求む!提案者に対し、試作品等に対するアドバイスや、実証実験の調整など、提案実現のための伴走型支援を行います。

最終更新日 2021年4月12日

「ニーズ一覧について」

平成29年度から令和元年度にかけて、市内の医療・介護・薬局従事者の皆様にご協力いただいた医療・介護現場のお困りごとアンケート結果(ニーズ)について、「システム・アプリ開発」、「IoTセンサー」、「ものづくり」の3つの事業領域ごとに整理し、30件の開発・製品化ターゲットをピックアップしました。
本ニーズの解決につながる製品・システムの開発(既存製品の改良を含む)を行う市内企業の皆様から、技術やビジネスプランのご提案を広く受け付けます。
課題解決が期待される提案については、支援機関である「IDEC横浜」が、提案をいただいた市内企業様と、課題やニーズをいただいた医療・介護・薬局従事者様の間に入り、試作品等に対するアドバイスや、実証実験にご協力いただくための調整など、提案実現のための伴走型支援を行います。

過去の「求める製品・システム」の一覧表

応募方法

エントリーシート(パワーポイント:72KB)に記入の上、ke-healthcare@city.yokohama.jp(送信時は@(全角)を@(半角)に置き換えてください)にメール送信ください。

お問い合わせ先

・事業について
横浜市経済局産業連携推進課
健康経営・ヘルスケアビジネス担当
電話:045-671-3495
ファックス:045-664-4867
メール:ke-healthcare@city.yokohama.jp
(送信時は@(全角)を@(半角)に置き換えてください)

注意事項

事業化に向けた伴走型支援は数件程度を予定しています。多くのご提案をいただいた場合、内部で審査を行い、支援案件を選定させていただくことがあります。

個人情報および提案内容の取扱い

ご提出いただいた個人情報は、横浜市および受託者において、本事業に関する連絡に限り利用します。
提案内容について、ニーズをいただいた方との調整のため概要を外部提供することがあります。

※ヘルスケアビジネス創出事業とは

 横浜ライフイノベーションプラットフォーム「LIP.横浜」の一環として、健康寿命の延伸や超高齢社会の進展により、市場拡大が見込まれる健康・医療・介護等分野におけるヘルスケア関連産業の、ニーズに基づいたビジネス創出を、健康福祉局と連携して取り組んでいます。 平成29年度から令和元年度には、市内の医療・介護・薬局従事者の皆様にご協力いただき、ニーズを調査し、市内企業の皆様に情報提供して、製品・サービス開発に向けたマッチング支援を実施致しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:660-279-394

先頭に戻る