このページの先頭です

I・TOP横浜ラボ「新技術による快適な住まいづくり」提案募集

最終更新日 2020年9月3日

追加情報

審査の結果、下記8提案を実証候補として採択いたしました。
今後住民の方や施設関係者と実証実験実施の可否を含めて調整を行い、準備が整った取組から順次開始します。

採択提案
  企業

【事業名】
実証内容

青葉電子株式会社

【集合住宅の共有スペースを活用したスマート菜園】
菜園スペースを活用し、全自動家庭菜園ロボットの信頼性・機能の検証

美和ロック株式会社

【電気錠制御アプリwiremo(ワイレモ)の戸別後付け】
電気錠やゲートウェイを住戸に提供し、各種機能の使い勝手検証

株式会社マウンテン

【みんなで見守りIoT】
センサー機器を住戸に設置し、扉開閉情報の収集等の実施

株式会社IIJグローバル
ソリューションズ
【AI/IoT/ビッグデータを活用した「ヨコハマ近未来都市プロジェクト」】
住戸データ等に基づくエアコンの遠隔運用による快適・低炭素支援
丸文株式会社 【入居者限定の空き部屋の時間貸しサービス】
空き部屋へ機器を設置して入居者向けに貸し出し、データ取得等実施
株式会社アクセルラボ 【スマートライフプラットフォーム事業】
ホームIoTサービス、住戸への直接提供によるユーザー体験の実証検証
Connected Design
株式会社
【置き配セキュリティカメラ事業】
置き配カメラに必要なストレージ容量・画像解析検知実現性の検証
Connected Design
株式会社
【チャットツールで予約できる共用部管理事業】
チャットで共用部を予約、管理、決済できることによる稼働率変化の検証

募集概要

概要

横浜市は、実証フィールドを提供して新たなプロジェクト創出を目指すI・TOP横浜ラボの取組を行っています。この度、横浜市住宅供給公社と連携して、同社の保有する集合住宅を実証フィールドとして提供し、新型コロナウイルスの感染対策となる「新しい生活様式」への対応や、快適な住まいづくりを提供する新たなIoT製品・サービスの提案を募集します。

募集内容

内容
項目 内容
件名 「新技術による快適な住まいづくり」に関するプロジェクト創出支援
募集期間 2020年(令和2年) 7月6日(月曜日) ~ 8月12日(水曜日) 17:00まで
審査日程

2020年(令和2年)8月21日(金曜日)  時間は個別に調整します。
  
※応募者多数の際における予備日程 
2020年(令和2年)8月20日(木曜日)午後

募集形式 公募
採択予定件数 3~5件程度 (※提案内容によって採択件数が変更となる場合があります)
実証実験の
実施時期
採択後 ~ 2020年度中(令和2年度中)
(※開始時期、期間については、提案内容によって調整させて頂く場合があります)
実証実験の
フィールド
横浜市住宅供給公社の物件(オクトス市ケ尾、シーブリーズ金沢、ヒルズ南戸塚)
(※提案内容、業務都合によって、実証実験のフィールドを上記以外の物件とさせて頂く場合があります)

建物外観

期待する提案内容

・既存ストック住宅の有効活用や長寿命化に資する、新たなIoT製品・IoTサービスに関する提案

・快適な住まいの提供の実現に資する、新たなIoT製品・IoTサービスに関する提案

・今後の「新しい生活様式」に資する提案

・今回の実証実験の実施後、横浜市内の集合住宅などへの水平展開が見込まれる、新たなIoT製品・IoTサービスに関する提案

※詳細は要項をご確認ください。

応募資格

・既にI・TOP横浜に参画していること。あるいは応募申請と同時に参画申請を行っていること。

・製品・サービスのアイデアが具体化しており、また、実証実験を即座に実施するための試作品等が既にできあがっていること。

・応募主体にてまだ販売(事業化)に至っていない現在構想中の製品・サービスであること。(ただし、既に販売開始している製品・サービスのうち、既存とは異なる他分野の顧客をターゲットとした新規事業を構想中の場合、構想中の新規事業と第2弾の「I・TOP横浜ラボ」のテーマが合致するものであれば応募資格を有するものとみなします)

※詳細は要項をご確認ください。

募集要項

説明会

今回の「新技術による快適な住まいづくり」に関するプロジェクト創出支援の募集について、以下の日程で、オンライン説明会(PC、スマートフォン等から視聴可能)を開催します。
※説明会への参加有無は、採択に影響ありません

説明会日程

1回目:2020年(令和2年) 7月13日(月曜日) 15時00分~16時00分(終了予定)
2回目:2020年(令和2年) 7月20日(月曜日) 18時30分~19時30分(終了予定)
※説明会の内容は1回目、2回目ともに同じものになります。

説明会申込

説明会に参加される場合は、各日程の前日までに下記HPよりお申込みください。


 【説明会の事前参加登録サイト】
https://www.murc.jp/seminar/w_200713/(外部サイト)
 

見学

応募にあたり実証実験のフィールド(物件)の見学を希望する方は、2020年(令和2年) 7月21日(火曜日) 17:00までに、「問い合わせ先」に記載したI・TOP横浜 プロジェクト創出事務局までご連絡ください。


※ご連絡を頂いた後、日程の調整をさせて頂きます。(見学の希望が多い場合、日程・時間帯を調整させて頂く場合があります)
※新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、1社1物件のみの見学、1社あたりの参加人数の上限を2名とします。また、当日参加者はマスクの着用など、各自で感染拡大の防止対策をとってください。

応募方法

応募に当たり募集要項の項目「4.個人情報保護」の内容に同意頂いた上で、応募申請書を下記「提出場所」に記載の宛先まで電子メールもしくは郵送にてお送りください。
※審査の過程で、応募内容に関する問い合わせや相談をさせて頂く場合があります。

提出書類

応募申請書(応募書類)・・・・・・・・・・・・・・・1部
※提出書類の返却は致しませんので、ご了承ください。

ファイルは下記「各種資料」の項目からダウンロードをお願いします。

提出期限

2020年(令和2年) 8月12日(水曜日) 17:00(左記締切まで随時提出頂けます)

提出場所

【メールでの提出】
E-mail: proposal-itop@murc.jp 
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社  I・TOP横浜 プロジェクト創出事務局)
※メールの件名に「「新技術による快適な住まいづくり」に関するプロジェクト創出支援 応募」と記載してください。
 

【郵送での提出】
〒105‐8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー 20F
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 I・TOP横浜 プロジェクト創出事務局

※封筒に「新技術による快適な住まいづくり」に関するプロジェクト創出支援 応募書類在中」と朱書きすること。

※メールあるいは郵送での提出宛先である三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、I・TOP横浜プロジェクト創出等推進事業業務を横浜市から受託している事業者です。(関係法令及び上記業務に関する横浜市との契約(守秘義務を含む。)に基づき、受託事業者は提出頂いた応募書類については適切な取扱いを致します。)

問い合わせ先

I・TOP横浜 プロジェクト創出事務局 
(事務局運営機関:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)

〒105‐8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー 20F
TEL: 03-6228-1066 (月~金(祝祭日除く) 午前9:00~午後17:00)
E-mail: proposal-itop@murc.jp

その他

I・TOP横浜とは

横浜市では、IoT等を活用したビジネス創出に向け、交流・連携、プロジェクトの推進、人材育成等の場となる『IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)』を立ち上げました。I・TOP横浜では、国内外の様々な企業・機関と連携を図りながら、オープンイノベーションにより付加価値の高い製品・サービスの開発や新たなビジネスの創出、新技術を活用した社会課題の解決に取り組んでいます。

I・TOP横浜ラボとは

横浜は少子高齢化や生産年齢人口の減少、郊外部を中心とした都市インフラの老朽化などの社会課題を抱えています。一方、横浜では様々な国際的なイベントが開催されており、都市の魅力の発信や経済の活性化など、今後の飛躍に向けたチャンスを有する街でもあります。こうしたなかで、I・TOP横浜では、横浜が抱える課題や可能性に対し、IoTを通じた課題解決、IoTを通じたニーズの開拓・充足を図るため、新たな枠組みとして「I・TOP横浜ラボ」を設置し、企業等のプロジェクト創出やビジネス化を支援するとともに、社会課題の解決に取り組んでいます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:358-016-632

先頭に戻る