このページの先頭です

横浜港におけるゴールデンウィーク10連休対策の実績について

最終更新日 2019年5月30日

 この度の改元に伴い、ゴールデンウィークが10連休という、かつてない長期間となることで、コンテナターミナル内での輸入貨物の滞留や連休前後の搬入出による混雑等が懸念されていました。
 これを踏まえ、横浜港では官民関係者が一丸となって対策を講じた結果、連休中及び連休前後とも、大きな混乱もなく無事に終えることができました。
 今回行った一連の取組や対策実績について、次のとおり取りまとめを行いましたので、情報提供いたします。
 令和2年には「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催が控えており、今回の取組を踏まえながら、さらなる対策の検討を重ね、引き続き、官民関係者が一丸となって、横浜港の使いやすいみなとづくりを推進し、関係各社へも広くPRしてまいります。

 連休中における「コンテナターミナルのゲートオープン予定」と「厚生施設の営業状況」について、市HPに掲載し、広く情報発信を行いました。
 ⇒市HPアクセス数:2,130件(掲載期間 4月16日~5月15日)

 事前予約届出制に基づき、連休中に各ターミナルでゲートオープンが行われ、物流の円滑化及び平準化が図られました。
 ⇒連休中、全ターミナル1日以上のゲートオープンを実施(最大6日)

3.臨時待機場及びバンプール用地の活用

 GW10連休に関する臨時対応として、連休前後に本牧・南本牧・大黒ふ頭に誘導員を配置するとともに、必要に応じて臨時待機場を活用し、円滑な交通と物流を確保しました。また、本牧及び南本牧の一部用地が臨時バンプールとして活用されました。
 ⇒本牧A突堤待機場:1回利用(最大約80台)、本牧D1待機場:3回利用(最大約50台)

4.緊急連絡体制の構築

 関係団体との連絡体制を構築・確認し、緊急時の連絡体制を確保しました。

添付資料

 (1) GW10連休対策の実績について(PDF:112KB)
 (2) 市ホームページによる情報発信【資料1】(PDF:697KB)
 (3) コンテナターミナルのゲートオープンの実績【資料2】(PDF:284KB)

参考ページ

 4月8日記者発表「ゴールデンウィーク10 連休に関する物流対策会議の開催について」

お問合せ先

 港湾局港湾物流部物流運営課
 電話:045-671-7262 ファクス:045-671-0141

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7190

電話:045-671-7190

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:190-377-116

先頭に戻る