このページの先頭です

令和3年度横浜市待機児童解消促進事業補助金について

最終更新日 2021年6月7日

 下記について最大250万円まで補助します。
⑴ 受入増加に対する補助費用
  待機児童解消の継続と小規模保育事業等の「卒園後の進級先の確保」を目的に、既存施設の定員拡大や受入増加を図る際にかかる
  経費。
⑵ 環境改善に対する補助費用
  保育士の環境改善に資する目的とした居室等(休憩室や更衣室等)の整備に対応するために要する経費。

補助の対象者

 横浜市内で下記を運営する者とします。
⑴ 認可保育所
⑵ 認定こども園
⑶ 幼稚園(「横浜市私立幼稚園等預かり保育事業」又は「横浜市私立幼稚園2歳児 受入れ推進事業」を実施している施設)
⑷ 小規模保育事業

補助対象経費

⑴ 物品購入費
⑵ 内装改修費

 ※公的助成金や公的融資を受けた経費、人件費等運営費で賄うべき経費については、対象外です。
 ※具体的な内容は下記の募集要項をご覧ください。

補助金額

⑴ 受入増加に対する補助費用
  物品購入費 : 1人増えるごとに、25万円を上限
  内装改修費 : 4分の3を上限
  総額250万円を上限とします。
  ※受け入れが1名増の場合は100万円を上限とします。
  
⑵ 環境改善に対する補助費用
  補助金額は、補助対象経費に4分の3を乗じて得た額とし、総額250万円を上限とします。
  
 ※物品購入費及び内装改修費の合計補助金額に千円未満の端数があるときは、これを切り捨て、予算の範囲内で補助します。
 ※同一園が受入増加に対する補助費用と環境改善に対する補助費用の両方の目的で補助を受ける場合においても、年度内の総額は250
  万円を上限とします。

申請方法

申請書類受付期限

⑴ 受入増加に対する補助費用
   令和3年6月1日~12月8日
   【予算が上限に達した際は終了となる場合があります。】 

⑵ 環境改善に対する補助費用
   令和3年7月1日~8月末日
   【予算が上限に達した際は終了となる場合があります。】 

受付方法及び申請書類

 申請書類一式を郵送または、事前にご連絡のうえ、ご持参ください。
 詳細につきましては下記の『横浜市待機児童解消促進事業補助金募集要項』をご参照ください。
⑴ 受入増加に対する補助費用(令和3年度)
  ↪横浜市待機児童解消促進事業補助金募集要項【受入増加に対する補助費用】(PDF:586KB)
⑵ 受入増加に対する補助費用のご案内(簡易版)(令和3年度)
  ↪横浜市待機児童解消促進事業のご案内【受入増加に対する補助費用】(PDF:1,037KB)
⑶ 環境改善に対する補助費用(令和3年度)
  ↪横浜市待機児童解消促進事業補助金募集要項【環境改善に対する補助費用】(PDF:516KB)
⑷ 環境改善に対する補助費用のご案内(簡易版)(令和3年度)
  ↪横浜市待機児童解消促進事業のご案内【環境改善に対する補助費用】(PDF:962KB)

その他

要綱・様式 (令和3年3月25日改正)

様式記入例

連絡先について

郵送先

〒231-0005
神奈川県横浜市中区本町6丁目50−10
こども青少年局保育対策課 行

お問い合わせ先

こども青少年局保育対策課
<電話>045-671-4469
<メールアドレス>kd-hoikutaisaku@city.yokohama.jp
<住所>〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50−10
    こども青少年局保育対策課

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部保育対策課

電話:045-671-4469

電話:045-671-4469

ファクス:045-550-3606

メールアドレス:kd-hoikutaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:117-480-311

先頭に戻る