このページの先頭です

認定こども園制度及び施設整備費補助のご紹介

最終更新日 2019年12月23日

本市では、保育・教育資源の柱の一つとして、認定こども園を推進しているところです。
こちらでは、認定こども園制度及び認定こども園移行に伴う施設整備費補助をご紹介いたします。

認定こども園制度について

認定こども園とは

認定こども園は、仮に保護者の就労状況が変わったとしても(2号認定から1号認定に変更になった場合など)、受入枠に空きがある場合には、同一の施設に在籍することが可能であるなど、保護者の就労状況にとらわれない子どもの育ちの場です。
また、子育て支援の機能を有することで、在宅での子育て家庭への支援の充実も期待されています。

認定こども園の類型

幼稚園から認定こども園に移行する場合は、幼保連携型・幼稚園型の類2型が対象です。
○幼保連携型認定こども園(1号認定・2号認定・3号認定すべて)
 幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能をあわせ持つ単一の施設として、認定こども園としての機能を果たすタイプ。
○幼稚園型認定こども園(1号認定・2号認定)
 認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備えて認定こども園としての機能を果たすタイプ。

施設整備費補助について

本市では、幼保連携型認定こども園に移行するにあたって、整備費の2つの補助を行っています。
①建設費補助:建て替え等による躯体への工事が伴う場合、補助対象となる工事費のうち一定の割合を補助します。
②内装整備費補助:躯体への工事は伴わず、既存の建物の内装等を整備する場合に、補助対象となる工事費のうち一定の割合を補助します。

施設整備費補助の事例について~内装整備費補助の場合~


こんな場合は…?

○ 認定こども園の施設基準はどこで確認できるのか??
→認定こども園整備の手引きを作成していますので、そちらを御確認ください。   URL:https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kosodate/seibi/seibinotebiki.html
※本市HPからのアクセスは以下のとおりです。
  トップページ>事業者向け情報>分野別メニュー>子育て>認可保育所等の整備>整備の手引き

○ 補助事業の応募が競合する場合はあるのか??
→申請金額の総額が予算を超えており、かつ、競合した場合は、予算に限りがあるため、計画書の内容等により、点数付けを行い、点数が高かった法人に対してのみ補助を行います。

リンク

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部こども施設整備課

電話:045-671-4146

電話:045-671-4146

ファクス:045-550-3607

メールアドレス:kd-koseibi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:298-285-176

先頭に戻る