このページの先頭です

その他

最終更新日 2020年6月22日

Q
1 ブロック塀について構造的な基準があるのか教えてください
A

ブロック塀については建築基準法施行令62条の8に塀の高さ、壁の厚さ、鉄筋の配置、控え壁の設置等の構造基準が示されています。
一、高さは、2.2m以下とする。
二、壁の厚さは、15cm(高さが2m以下の塀の場合は、10cm)以上とする。
三、壁頂、基礎には横に、壁の端部、隅角部には縦に、それぞれ径9mm以上の鉄筋を配置する。
四、壁内には、径9mm以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置する。
五、長さ3.4m以下ごとに、控え壁(径9mm以上の鉄筋を配置し、壁面から高さの1/5以上突出したもの)を設置する。
六、鉄筋の末端はかぎ状に折り曲げて、縦筋は壁頂および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けをする。
(※径の40倍以上基礎に定着させる場合、縦筋の末端は基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる)
七、基礎の丈は、35cm以上とし、根入れ深さは30cm以上とする。
(※高さが1.2m以下の塀については五と七の基準は除外)

ブロック塀の点検のチェックポイント


Q
2 工事業者を紹介してください
A

横浜市から特定の業者をご紹介はしておりません。

このページへのお問合せ

建築局建築指導部情報相談課

電話:045-671-2953

電話:045-671-2953

ファクス:045-550-4102

メールアドレス:kc-jssodan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:490-073-037

先頭に戻る