このページの先頭です

特定有害物質と指定基準(土壌汚染対策法)

最終更新日 2020年4月22日

特定有害物質

第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)

クロロエチレン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、1,2-ジクロロエチレン、1,3-ジクロロプロペン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、トリクロロエチレン、ベンゼンの12物質

第2種特定有害物質(重金属等)

カドミウム及びその化合物、六価クロム化合物、シアン化合物、水銀及びその化合物、セレン及びその化合物、鉛及びその化合物、砒素及びその化合物、ふっ素及びその化合物、ほう素及びその化合物の9物質

第3種特定有害物質(農薬等)

シマジン、チオベンカルブ、チウラム、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、有機りん化合物の5物質

土壌汚染対策法の指定基準

土壌含有量基準又は土壌溶出量基準を超過している場合に土壌汚染対策法に基づく区域に指定されます。

土壌含有量基準

土壌含有量基準は、汚染された土壌の直接摂取による健康影響の観点から定められています。

土壌溶出量基準

土壌溶出量基準は、地下水経由の摂取による健康影響の観点から定められています。

第二溶出量基準

第二溶出量基準は、対策措置の選択又は決定の判断を行う観点から定められています。

特定有害物質と指定基準

特定有害物質と指定基準
特定有害物質と指定基準

土壌含有量基準
(㎎/㎏)

土壌溶出量基準
(㎎/ℓ)

第二溶出量基準
(㎎/ℓ)

地下水基準
(㎎/ℓ)

クロロエチレン

なし

0.002以下0.02以下0.002以下
四塩化炭素なし0.002以下0.02以下0.002以下
1,2-ジクロロエタンなし0.004以下0.04以下0.004以下
1,1-ジクロロエチレンなし0.1以下1以下0.1以下
1,2-ジクロロエチレンなし0.04以下0.4以下0.04以下
1,3-ジクロロプロペンなし0.002以下0.02以下0.002以下
ジクロロメタンなし0.02以下0.2以下0.02以下
テトラクロロエチレンなし0.01以下0.1以下0.01以下
1,1,1-トリクロロエタンなし1以下3以下1以下
1,1,2-トリクロロエタンなし0.006以下0.06以下0.006以下
トリクロロエチレン(※)なし0.03以下0.3以下0.03以下
ベンゼンなし0.01以下0.1以下0.01以下

カドミウム及びその化合物(※)

150以下0.01以下0.3以下0.01以下
六価クロム化合物250以下0.05以下1.5以下0.05以下
シアン化合物50以下
遊離シアンとして
検出されないこと1.0以下検出されないこと
水銀及びその化合物15以下0.0005以下、
かつアルキル水銀は検出されないこと
0.005以下、
かつアルキル水銀は検出されないこと
0.0005以下、
かつアルキル水銀は検出されないこと
セレン及びその化合物150以下0.01以下0.3以下0.01以下
鉛及びその化合物150以下0.01以下0.3以下0.01以下
砒素及びその化合物150以下0.01以下0.3以下0.01以下
ふっ素及びその化合物4000以下0.8以下24以下0.8以下
ほう素及びその化合物4000以下1以下30以下1以下
シマジンなし0.003以下0.03以下0.003以下
チウラムなし0.006以下0.06以下0.006以下
チオベンカルブなし0.02以下0.2以下0.02以下
ポリ塩化ビフェニル(PCB)なし検出されないこと0.003以下検出されないこと
有機りん化合物
(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン、及びEPN)
なし検出されないこと1以下検出されないこと

※令和3年4月1日からカドミウム及びその化合物並びにトリクロロエチレンに係る基準が変更となります。

トリクロロエチレン、カドミウム及びその化合物に係る基準(令和3年4月1日施行)
特定有害物質と指定基準

土壌含有量基準
(㎎/㎏)

土壌溶出量基準
(㎎/ℓ)

第二溶出量基準
(㎎/ℓ)

地下水基準
(㎎/ℓ)

トリクロロエチレンなし0.01以下0.1以下0.01以下
カドミウム及びその化合物45以下0.003以下0.09以下0.003以下

このページへのお問合せ

横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課

電話:045-671-2494

電話:045-671-2494

ファクス:045-671-2809

メールアドレス:ks-dojo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:571-805-506

先頭に戻る