このページの先頭です

横浜市における土壌汚染対策について

最終更新日 2019年7月18日

横浜市では、土壌汚染対策法及び横浜市生活環境の保全等に関する条例に基づく指導等を行っています。

  • 土壌汚染対策法の詳細についてはこちら
  • 横浜市生活環境の保全等に関する条例(土壌汚染対策関係)についての詳細はこちら

土壌汚染対策法と条例の比較

調査契機1(施設・事業所の廃止時)

法と条例の比較(施設・事業所の廃止時)
項目土壌汚染対策法
(第3条)
横浜市生活環境の保全等に関する条例
(第64条の2)
横浜市生活環境の保全等に関する条例
(第70条の2)
調査の契機水質汚濁防止法・下水道法で定める「有害物質使用特定施設」において、「施設」又は「有害物質の使用等」を廃止したとき市条例で定める「特定有害物質使用等事業所」において、「事業所」を廃止したとき(土壌汚染対策法の対象を除く)市条例で定める「ダイオキシン類管理対象事業所」において、「事業所」を廃止したとき
調査対象物質特定有害物質(26物質)特定有害物質(26物質)ダイオキシン類
調査報告義務者土地の所有者、管理者又は占有者土地の所有者、管理者又は占有者事業所の設置者
調査実施者指定調査機関(外部サイト)指定調査機関(外部サイト)適切に調査することができる者(特定計量証明事業者)
調査の猶予ありあり規定なし
調査の猶予の条件引き続き、工場の敷地として利用されること等引き続き、事業所の敷地(建築物が利用される場合に限る)として利用されること等なし

調査契機2(土地の形質の変更時)

法と条例の比較(土地の形質の変更時)
項目

土壌汚染対策法
(第3条第7項)

土壌汚染対策法
(第4条)
横浜市生活環境の保全等に関する条例
(第65条)
横浜市生活環境の保全等に関する条例
(第70条の3)
届出対象面積

「法第3条ただし書の確認に係る土地」における900平方メートル以上の土地の形質の変更

  1. 3,000平方メートル以上の土地の形質の変更
  2. 「有害物質使用特定施設に係る土地」における900平方メートル以上の土地の形質の変更
  1. 2,000平方メートル以上かつ、3,000平方メートル未満の土地の形質の変更
  2. 「特定有害物質使用等事業所」の土地の形質の変更(面積要件なし)
「ダイオキシン類管理対象事業所」の土地の形質の変更(面積要件なし)
届出除外要件
  1. 規則で定める軽易な行為
  2. 非常災害のために必要な応急措置
  1. 法第3条第7項の届出対象
  2. 規則で定める軽易な行為
  3. 非常災害のために必要な応急措置
  1. 法の届出対象
  2. 規則で定める軽易な行為
  3. 非常災害のために必要な応急措置

非常災害のために必要な応急措置

形質変更の届出義務者土地の所有者、管理者又は占有者土地の形質の変更をしようとする者土地の形質の変更をしようとする者土地の形質の変更をしようとする者
調査対象物質

特定有害物質(26物質)のうち、当該地において使用等の履歴のある特定有害物質

特定有害物質(26物質)のうち、土壌汚染のおそれがあるとして市長から命令された特定有害物質特定有害物質(26物質)のうち、土壌汚染のおそれがあるとして市長から命令された特定有害物質ダイオキシン類
調査報告義務者土地の所有者、管理者又は占有者土地の所有者、管理者又は占有者土地の所有者、管理者又は占有者土地の形質の変更をしようとする者
調査実施者指定調査機関(外部サイト)指定調査機関(外部サイト)指定調査機関(外部サイト)適切に調査することができる者(特定計量証明事業者)

その他、土壌汚染対策の制度について

法と条例の比較(土壌汚染対策の制度)
項目土壌汚染対策法横浜市生活環境の保全等に関する条例
(特定有害物質)
横浜市生活環境の保全等に関する条例
(ダイオキシン類)
調査結果情報の公表「要措置区域」
「形質変更時要届出区域」
として台帳を公表
「条例要措置区域」
「条例形質変更時要届出区域」
「条例基準適合地」
として台帳を公表
「ダイオキシン類土壌汚染報告台帳」
として公表
指定の申請自主的に区域指定の申請ができる(法第14条)規定なし規定なし
特定有害物質の使用等の記録の保存、承継等規定なし特定有害物質使用等事業所を設置している者は、年に1回以上、特定有害物質の使用状況等について調査した結果を記録し、保存する。
事業者と土地所有者等が異なる場合は、1年に1回以上当該記録を土地所有者等へ送付する。
ダイオキシン類管理対象事業所を設置している者は、年に1回以上、施設の使用状況等について調査した結果を記録し、保存する。
事業者と土地所有者等が異なる場合は、1年に1回以上当該記録を土地所有者等へ送付する。
土壌汚染による地下水への影響の調査報告溶出量基準に適合していないとき、
条例に基づき調査し、報告が必要
溶出量基準に適合していないとき、
調査し、報告が必要
基準に適合していないとき、
調査し、報告が必要

このページへのお問合せ

横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課

電話:045-671-2494

電話:045-671-2494

ファクス:045-671-2809

メールアドレス:ks-dojo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:182-487-330

先頭に戻る