このページの先頭です

平成29年度 旭区予算

「個性ある区づくり推進費」は、地域(区民)の身近な課題・要望の対応や、区の個性に着目した事業を自主的・主体的に取り組むことができるように創設された予算です。

最終更新日 2019年2月4日

平成29年度予算の考え方

 平成29年度旭区個性ある区づくり推進費の予算編成にあたっては、現在進められている二俣川駅南口再開発や東部方面線の整備、29年3月から開催された全国都市緑化よこはまフェア、そして31年の区政50周年など、旭区を取り巻く今後の動向を踏まえつつ、自然が豊かで定住志向が高く地域活動が盛んな特徴を生かしながら、誰もがいきいきと過ごせるまちを目指します。
 事業の実施にあたっては、区運営方針でも示している『住み慣れた地域で、安心して暮らし続ける』『健やかな未来をつくる』『「ふるさと旭」の魅力を高める』の実現に重点をおいて進めます。

1 住み慣れた地域で、安心して暮らし続ける

 高齢化が進む旭区において、誰もが地域の中で安心して生活を送ることができるよう、見守り訪問や相談・支援体制を充実します。
 また、災害に対する地域での対応力を向上し、平時においても、災害時においても、区民の皆様が安心して暮らし続けることができる取組を進めます。

主な事業

 地域のつながりづくりに向けた民生委員の活動支援事業、災害に強い区づくり事業、高齢者生きがいづくり支援事業

2 健やかな未来をつくる

 妊娠期・乳幼児期から思春期まで継続した支援を行い、孤立することなく安心して子育てができる地域づくりを進めます。また、運動・栄養・歯科・禁煙推進など多様な面から区民に健康を意識してもらえるよう働きかけ、さらに、「旭ウォーキングムーブメント創生!」を合言葉に運動習慣推進事業を始めます。

主な事業

 健康生活支援事業~旭ウォーキングムーブメント創生~、保育所地域子育て支援事業、学校連携・若者支援事業

3 「ふるさと旭」の魅力を高める

 「あさひの逸品」のPR、文化・観光スポットの整備・発信や農業体験事業等を行い、旭区の魅力発見や愛着度向上を目指すとともに、区制50周年に向けた準備事業を開始し、地域の活性化につなげます。
 あわせて、全国都市緑化よこはまフェアの里山ガーデン会場が旭区に所在することから、緑豊かな「ふるさと旭」を実感してもらう取組を進め、広く市民の皆様に発信していきます。

主な事業

 あさひ魅力発見事業、旭区の「農」の魅力PR事業、水・緑による旭区の魅力アップ事業

事業計画書

過年度の予算

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

旭区総務部総務課

電話:045-954-6005

電話:045-954-6005

ファクス:045-951-3401

メールアドレス:as-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:631-334-678

先頭に戻る