このページの先頭です

お部屋の空気

最終更新日 2019年3月25日

『住居』は、これだけ変わりました。

昔の木造住宅

昔の木造住宅は、軒や庇を付けたり、床を高くしたり、風通しに配慮するなど日本の気候、風土にあわせて建物の構造にさまざまな工夫がされていました。

昔の家のイメージ

現在の住宅

現在のマンションに代表される住宅は、アルミサッシなどの新しい建築材料の普及により保温などで優れていますが、風通しが悪く、湿気がこもりやすくなっています。

今の家のイメージ

あなたはきれいな空気を吸っていますか?

昔の木造住宅にくらべ、今の住宅はアルミサッシの普及などによって、空気の入れかわりが少ない気密構造になっています。
特にマンションなどでは、自然に入れかわる空気の量は、非常に少なくなっています。

さらに、エアコンやストーブを使う時は、どうしても窓を閉めきりがちです。
意外に思われるかもしれませんが、お部屋の中には空気を汚すもとが、たくさんあるのです。
気密性の高い住宅で、換気をしないと空気がしだいに汚れていってしまうのです。

快適な温度条件

私たちが、快適に感じる温度は、一般に摂氏25~28度といわれています。この温度を目安に冷暖房してください。

  1. 夏の冷房では、部屋を冷やしすぎると、外の気温との差が大きくなり足腰が冷えたり、頭痛を起こしたりすることがあります。これを『冷房病』といいます。『冷房病』を防ぐために、冷房する時は、外の気温との温度差を5度以内にするようにしましょう。
  2. 省エネルギーのことも考えて冬は、22度くらいに、また夏は、28度を目安に冷暖房しましょう。

室内の空気を汚す物質とは…

室内の空気を汚す物質のイメージ

お部屋の空気をきれいにするためには…

空気を汚す物質をできるだけ出さない。

暖房器具は、お部屋の空気をできるだけ汚さないものを使いましょう。FF式(強制給排気式)ストーブや、電気式の暖房器具なら
お部屋の空気は汚れません。
お部屋の中では、できるだけタバコを吸わないようにしましょう。

こまめに換気をする。

冷暖房をしている時は、1時間に1~2回、5分間ほど窓を開けてお部屋の空気を入れかえましょう。
ガスコンロや瞬間湯沸かし器を使う時は、必ず換気扇を回しましょう。

空気の湿り気

私たちが快適にすごすためには、空気が適度に湿っていることが必要です。
空気の湿り気の度合いを、湿度といってパーセントで表します。
湿度が低すぎると、のどが痛くなったり、風邪をひきやすくなります。反対に湿度が高すぎると、ジメジメした感じがして不快なだけでなく、お部屋の中にカビが発生しやすくなります。
ちょうどいい湿度は、40~60%です。
ところが、お部屋の中には、水蒸気を発生させるものがたくさんあるのです。
例えば、ガスコンロ、開放型ストーブ、お風呂場、沸騰ポット、人の呼気、洗濯物

水蒸気を発生させる例のイメージ

部屋を閉めきっていれば、この水蒸気は逃げ場がなく、お部屋の空気は湿っていきます。
湿度計をそなえて、いつも適切な湿度に保つようにすれば安心ですね。

湿度計を備えた部屋で加湿器、沸騰ポット、コンロのヤカンで加湿されているイメージ

結露について

冷たい飲み物を入れたコップの外側に、水滴がつきますね。
これが結露です。住居でも、同じことが起きています。
湿度の高い空気が、冷たい壁や天井に触れると、そこに水滴がついてしまうのです。

結露は

  • お部屋の湿度が高い。
  • 換気量が少ない。
  • 住居の南側と北側での温度差が大きい。

という条件で生じやすくなります。
結露が生じると、壁にしみがついたり、カビが生えたりします。
結露を防ぐために

  • 加湿器を使いすぎないようにする。
  • こまめに換気する。
  • 押し入れの風通しを良くする。

などに注意しましょう。

加湿器について

家庭用加湿器には、大きく分けて、超音波で小さな水滴を作るタイプと、水を熱して蒸気を作るタイプがあります。
どちらのタイプも、内部に水タンクがあります。
このタンクや加湿器の内部をきれいにしておかないと、カビや細菌が繁殖して、空気中に飛び出してきます。
とくに超音波式は注意が必要です。取扱説明書をよく読んで、正しく使いましょう。

住居内のカビ

カビの中には、酒やしょうゆを作るコウジカビのように有用なものもありますが、住居内に生えた場合は問題です。
梅雨時だけでなく一年中がカビの繁殖時期です。

住居内でカビが発生しやすい場所のイメージ

こんなにありますカビの被害

  • 病気を起こす。
  • 食べ物を悪くする。
  • 家や家具などを痛める。
  • ダニが繁殖する恐れがある。

カビが繁殖する4つの条件

  • 栄養源がある。
  • 湿度が高い。(80%以上)
  • 温度が高い。(20~30℃)
  • 換気が悪い。

カビによる病気

カビが原因となる病気には次のようなものがあります。

  1. アレルギー性疾患(小児ゼンソク、過敏性肺臓炎、アレルギー性鼻炎)
  2. カビ感染症(ミズムシ、ゼニタムシ、インキン、シラクモなどの皮膚糸状菌症、カンジタ症、アスペルギルス症)
  3. カビ毒(発ガン性のあるアフラトキシンや真菌中毒症)

この中には健康人にとって無害でも抵抗力が弱っている人には、有害な場合があります。

このページへのお問合せ

青葉区福祉保健センター生活衛生課 環境衛生担当

電話:045-978-2465

電話:045-978-2465

ファクス:045-978-2423

メールアドレス:ao-eisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:699-137-912

先頭に戻る