このページの先頭です

あおば地域サポート補助金

地域課題解決に向けた活動を始めたい団体へ2つのコースで支援します。具体的な案件がございましたら、まずはお気軽に青葉区地域力推進担当にご相談ください。

最終更新日 2020年5月20日

令和2年度募集(テーマ型コース)

区が設定するテーマに沿った主体的・継続的な地域課題解決の事業を支援します。

テーマ

「地域のつながりづくり」

募集期間

令和2年2月20日(木曜日)~6月30日(火曜日)
※新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が5月末まで延長されたことを踏まえ、申請期間を1カ月延長しました。

補助金額(上限)

100万円(自己負担なし)

令和2年度募集(連携コース)

自治会町内会を中心とした様々な団体の主体的・継続的な地域課題解決の事業を支援します。

対象事業

自治会町内会を中心に2つ以上の団体が連携している事業

募集期間

随時受付
※ただし、年度内に完了する事業に限ります。

補助金額(上限)

30万円(補助割合は9/10が上限)

※この事業は、横浜市会において令和2年度予算が議決されることを条件としています。

補助金概要

募集内容
 テーマ型コース連携コース
対象団体テーマに沿った事業を行う団体自治会町内会を中心に2つ以上の主体が連携している団体
対象事業

テーマに沿った事業

地域課題解決のための事業

年度を超えて継続的に行う事業
これから始める又は始めて1年以内の事業(事業の拡大も対象)

対象経費

地域の課題解決の取組に必要とある運営・活動に要する経費
ただし、①施設などの維持管理に関する経費
    ②親睦的な飲食費、他団体への会費や寄付、直接組織の運営・活動にかかる経費
    ③その他区長が、不適当、不適切と認めた経費
は対象外とします。

交付方法申請書提出後、審査会にて申請内容を審査した上で、補助金交付の可否及び補助金交付金額を決定します。

審査項目
必要性

○地域課題解決が求められているものか
○事業の効果は見込まれるか

主体性○事業は申請団体が主体的に実施するものか
実現性

○地域や関係機関との合意形成等が図られているか
○スケジュールや予算は実現性の高い計画か

継続性

○継続するため活動資金や人材の確保はできているか
○他団体との新たな連携など、発展は見込めるか

創意工夫○他の参考となるような工夫やアイデアに富んだものか

申請

申請方法

申請書類を郵送、Eメール又は青葉区役所4階73番窓口までご持参ください。
※具体的な案件がございましたら、まずはお気軽に青葉区地域力推進担当にご相談ください。

申請書類
・交付申請書(第1号様式)
・事業計画書(第2号様式)
・収支予算書(第3号様式)
・団体名簿(第4号様式)
・団体規約、会則その他これらに類する書類

スケジュール

テーマ型コース
2~6月7月8月9~3月

翌年度の4月まで

事業募集期間審査補助金交付決定事業実施期間事業報告書作成

※申請期間を1カ月延長しました。
※新型コロナウイルスの感染状況等により、補助金交付時期が遅れる可能性があります。

連携コース(例:4月申請の場合)
4月5月6月7~3月翌年度の4月まで
申請審査補助金交付決定事業実施期間事業報告書作成

※スケジュールはあくまでも目安です。

申請書類関係

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

青葉区総務部区政推進課地域力推進担当

電話:045-978-2286

電話:045-978-2286

ファクス:045-978-2410

メールアドレス:ao-chiikiryoku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:189-585-027

先頭に戻る