このページの先頭です

幼稚園・認定こども園(教育利用)

最終更新日 2019年2月27日

幼稚園・認定こども園の入園手続き

平成27年度から、一部の幼稚園・認定こども園が「子ども・子育て支援新制度」に移行しました。
新制度に移行する幼稚園・認定こども園は、利用手続きや保育料の仕組みが変更になります。
以下の「幼稚園・認定こども園(教育利用)一覧」により、ご希望の園が新制度に移行する幼稚園かどうかをご確認の上、各幼稚園・認定こども園へ入園申込をお願いいたします。
なお、新入園児募集についての詳細は、各園にてご確認ください。
青葉区内認定こども園・幼稚園一覧(平成30年10月15日時点)(PDF:163KB)



新制度に移行する幼稚園等の手続き

(1)支給認定について
新制度に移行する幼稚園、認定こども園(教育利用)を利用するためには、横浜市から教育・保育のための支給認定(1号認定)を受ける必要があります。支給認定の申請に基づき、横浜市が申請書を受け付けた日から30日以内に支給認定決定通知書が交付されます。
※ただし、4月利用開始の場合は、認定事務が集中し審査等に時間を要するため、支給認定決定通知書は3月末までに送付します。

(2)入園手続きについて
幼稚園、認定こども園(教育利用)の利用を希望する場合は、まず、利用したい園に願書を提出してください。内定を得たのち、各幼稚園、認定こども園から「支給認定申請書兼利用施設届出書(1号用)」を受け取ります。必要事項を記入した申請書を入園が内定した幼稚園、認定こども園へ提出してください。申請書は幼稚園、認定こども園を通して横浜市へ提出されます。

現行制度のまま継続する幼稚園

現行制度(私学助成)のまま継続する幼稚園についての手続きは変わりません。具体的な入園手続きについては各幼稚園にお問い合わせください。
なお、世帯の所得に応じて保護者の負担軽減を行う「横浜市私立幼稚園就園奨励補助金」制度の詳細は、こども青少年局のページでご確認ください。


幼稚園・認定こども園における預かり保育について

預かり保育は、幼稚園に在園している園児で、保護者の方が就労などで幼稚園の正規教育時間の前後に家庭で保育ができない場合に、保護者の方に変わって保育する事業です。

対象は、3歳児(一部の幼稚園は満3歳)から小学校就学前に達するまでのお子様です。
利用を希望される場合は、通っている(入園予定の)幼稚園・認定こども園へ直接お申込みください。


(1)横浜市私立幼稚園預かり保育事業
横浜市が認定した幼稚園・認定こども園で実施している預かり保育事業です。
実施園や利用にあたっての詳細は、こども青少年局ホームページでご確認ください。

(2)幼稚園が独自に実施している預かり保育について
上記の「横浜市私立幼稚園預かり保育事業」を実施していない幼稚園であっても、独自の活動として預かり保育を実施してる場合があります。
実施の有無や利用にあたっての詳細は、各幼稚園にお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

青葉区こども家庭支援課保育担当

電話:045-978-2428

電話:045-978-2428

ファクス:045-978-2422

メールアドレス:ao-hoiku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:539-498-063

先頭に戻る