このページの先頭です

介護保険のサービスを利用するには

最終更新日 2019年3月12日


介護保険のサービスを利用するためには、介護や支援を必要とする状態にあるかどうかについて、区役所から要支援や要介護の認定を受ける必要があります。
申請から認定までは、原則として30日以内に行うこととされていますが、新規の認定の効力は認定結果が出た日からではなく、申請日にさかのぼって発生します。

  • 青葉福祉保健センター高齢・障害支援課高齢・障害事務係(区役所2階34番窓口)
    電話:978-2445 受付時間:8:45~17:15(土日祝日を除く)
  • 地域包括支援センター、地域ケアプラザ又は特別養護老人ホーム「緑の郷」内)
    月~土9:00~21:00 日・祝9:00~17:00
    ただし、年末年始及び月1回程度施設点検日は休み
  • その他の居宅介護支援事業所、介護保険施設に申請書を区役所へ提出してもらうこともできます。
  1. 介護保険の被保険者証(現在は淡い青色です) 被保険者証を交付されていない第2号被保険者(40~64歳までの方)は、「医療保険の保険証」が必要です。
  2. 医師に意見書を作成してもらう必要があるため、主治医の医療機関名・所在地・電話番号・診療科・医師氏名(フルネーム)が確認できるようメモなどを用意してきてください。
  3. 認定を受けようとしているご本人の姓の印鑑(ご本人が自署する場合は不要です。)
第2号被保険者が介護保険のサービスを利用できる特定疾病
1.筋萎縮性側索硬化症
2.後縦靭帯骨化症
3.骨折を伴う骨粗しょう症
4.多系統萎縮症
5.初老期における認知症
6.脊髄小脳変性症
7.脊柱管狭窄症
8.早老症
9.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
10.脳血管疾患
11.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
12.閉塞性動脈硬化症
13.関節リウマチ
14.慢性閉塞性肺疾患
15.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
16.がん(末期)

※第2号被保険者:40歳から64歳までの医療保険加入の市民の方全員

在宅サービスのうち、訪問サービス、通所サービス、福祉用具貸与、短期入所サービスは、ケアマネジャー又は地域包括支援センター保健師等が作成するケアプランにもとづき提供されます。これらのサービスには、要介護度別に、保険給付の対象となるサービス量の上限(利用限度額)が定められています。

利用限度額
要介護度利用限度額利用者負担額(1割負担の場合)
要支援要支援15,003単位/月約 5,000円左記は利用限度額一杯までサービスを使った場合の金額です。
要支援210,473単位/月約11,000円
要介護要介護116,692単位/月約17,000円
要介護219,616単位/月約20,000円
要介護326,931単位/月約27,000円
要介護430,806単位/月約31,000円
要介護536,065単位/月約37,000円

▲介護保険で受けられるサービスのページへ戻る▲

このページへのお問合せ

青葉区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-978-2444

電話:045-978-2444

ファクス:045-978-2427

メールアドレス:ao-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:297-982-495

先頭に戻る