- トップメニュー|検索
ヨサンのミカタ平成20年度 コラム
市長あいさつ
基礎知識編
収入編
支出編
平成20年度に行う主な事業
財政状況編
財政健全化について
データ編
横浜市債
開港150周年事業 
二つの新たな『事業本部』が誕生!
横浜市の予算を家計簿にたとえると?
落札差金の活用について
 
そのほかの主な事業

『木造住宅耐震化促進等モデル事業』 5,000万円 
 専門家による耐震改修計画の派遣相談のほか、耐震シェルター・防災ベッド設置費用などの一部を助成します。
 まちづくり調整局 建築企画課 TEL671-2943

イラスト『特別養護老人ホームの整備』
 60億7,600万円
 引き続き整備をすすめ、14か所で1,292床を増床します。
 健康福祉局 高齢施設課 TEL671-4117

『障害者自立生活アシスタントの派遣』
 1億7,900万円 
 単身などで生活する知的障害者、精神障害者に対して、専任職員による日常生活の支援を行います。
 健康福祉局 障害支援課 TEL671-2416

『保育所整備』 24億2,800万円
 待機児童の解消を目指し、新設13か所、増築2か所などにより1,075人の定員枠拡大を行います。
 こども青少年局 保育計画課 TEL671-2376

『身近な地域・元気づくりモデル事業』 2,200万円 
 地域で活動する様々な団体が連携して、地域の課題を解決する仕組みづくりをすすめます。現在3地区で行っているモデル事業を、8地区以上に拡大します。
 市民活力推進局 協働推進課  TEL671-3624
  都市経営局 政策課      TEL671-4328
  都市整備局 地域まちづくり課 TEL671-2694

『中小企業金融支援策と横浜型債券市場の推進』 923億8,500万円 
 中小企業向け融資枠を年間1,000億円から1,200億円に拡大します。
 経済観光局 金融課 TEL671-2592

『横浜環状道路等整備』 67億9,000万円
 横浜環状道路と関連街路の整備を推進します。
 道路局 事業調整課 TEL671-3985

『スーパー中枢港湾の推進』 93億6,000万円
 国際競争力の強化を目指し、南本牧ふ頭の整備などをすすめます。
 港湾局 企画調整課 TEL671-2877

『さらなるごみ減量・リサイクルに挑戦!』 26億6,700万円 
 分別収集(10分別15品目)を引き続き実施するほか、バイオマスの活用を目指した生ごみの資源化に向けた調査を行います。
 資源循環局 資源政策課 TEL671-2537


横浜市中期計画『横浜リバイバルプラン2〜開港150周年羅針”版”〜』って?

イラスト 18年度から22年度までの5か年に、横浜市が実施する主な事業や取組をまとめたものが横浜市中期計画です。重点的に取り組む施策や事業をまとめた「政策」、行政改革の取組をまとめた「運営」、財政改革の取組をまとめた「財政」の3つの分野を連動し、一体的にすすめる内容となっています。横浜市では、この中期計画を基本に市政をすすめており、「政策」分野では、18年度決算から20年度予算までの3か年で、5年分の計画事業費に対し、約60%の進ちょく状況となっています。
 また、「運営」分野では職員定数の削減や、市立保育所の民間移管をはじめとした民営化・委託化の推進などに取り組んでいます。
 「財政」分野でも、ネーミングライツの売却や広告事業の推進などによる歳入確保や、市の借金である市債発行の抑制といった取組をすすめています。

中期計画重点事業の進ちょく状況の図表

前のページ← 次のページ