- トップメニュー|検索
財政局主税部
財政局主税部 よこはま 市税のページ
ベイブリッジの写真
検索方法  

横浜市トップメニュー > 財政局 > よこはま市税のページ > よくある質問 > Q2 給与以外に副収入がある場合の住民税の申告は…
Q2 給与以外に副収入がある場合の住民税の申告は…
Q

私は会社勤めをしていますが、ある雑誌に原稿を書いたところ、出版社から原稿料を受け取りました。このため、給与所得以外に原稿料の所得が15万円ほどあります。この場合、区役所に住民税の申告をする必要があるでしょうか。

A ケースによっては申告をしていただく必要があります。
 所得税の場合、原稿料や外交員報酬については、支払の際に源泉徴収し、確定申告の際に給与所得と合算して税額を計算し直すことになっています。
  ただし、年間の給与の収入金額が2,000万円以下で、給与所得以外の所得(原稿料、外交員報酬など)の年間合計額が20万円以下の人については、確定申告をしなくてもよいことになっています。
  しかし、住民税の場合は、所得税と異なり、所得の多少にかかわらず、給与所得と合算して税額を計算することになっています。
  あなたの場合、原稿料について所得税の確定申告をした場合は、住民税の申告がされたとみなされ、住民税の申告は不要ですが、確定申告をしなかった場合は、住民税の申告をする必要があります。

横浜市トップメニュー > 財政局 > よこはま市税のページ > よくある質問 > Q2 給与以外に副収入がある場合の住民税の申告は…
横浜市財政局主税部税務課 - 電話: 045-671-2253 - FAX: 045-641-2775
メール : za-kazei@city.yokohama.jp
作成日:2011年03月23日 最終更新日:2012年02月20日
©2011-2012 City of Yokohama. All rights reserved.