- トップメニュー|検索

納税証明

納税証明書とは  

 

 横浜市の納税証明書とは、課税額(納付すべき額)と納税額(納付済額)のみが記載された証明書です。
 所得金額などが必要なときには、別途、課税証明などを交付申請してください。
 区役所で発行している証明書は以下の税目です。

●市民税・県民税(個人分)
●固定資産税・都市計画税(土地・家屋分)
●固定資産税(償却資産分)
●軽自動車税
●法人市民税
●事業所税 
 など

 

 なお、市内の他の区役所の納税証明書を取ることもできます。

 

 

申請できる方

個人の証明書の場合

●本人(=納税義務者)

●本人の同居親族 (家族の方でも、同居していない場合は委任状が必要です。)

●本人から取得の件を委任された方(本人からの委任状が必要です。)

 

法人の証明書の場合

●代表者印を持参した人

●代表者印の押された委任状により委任された人

 

 

申請の際必要なもの

 

●申請者(区役所に来る方)を確認できるもの

  (例)運転免許証、健康保険証、パスポート、年金手帳など

●手数料

  1件につき300円

  ただし、軽自動車の継続検査用納税証明は無料

●委任状 (本人、同居の家族以外の方は必須です。)

  (様式をダウンロードして記入するか、次の内容を記載したものを作成してください。

  内容に不足がなければ、形式はダウンロードのものに限りません。 )

  ・本人の住所・氏名・生年月日・押印(※本人自署)

   (法人の場合は、所在地・名称・代表者名・代表者印)

  ・証明の年度と必要枚数

  ・本人から委任された方の住所・氏名

 ※軽自動車の継続検査用納税証明の場合に限り、車検証を委任状の代わりとみなすことができます。

  ※金融機関等でお支払いになってすぐの税金に関して納税証明が必要な場合、領収書を併せてご持参ください。

  ※軽自動車税の納税証明のうち車検等に使用する目的の場合、その軽自動車について未納の税金があるときは納税証明を交付できません(災害等によりやむを得ず滞納となっている場合を除きます。)のでご注意ください。

 ※申請書にご記入いただいた住所やお名前が台帳の内容と異なる場合など、必要な確認等を行ったうえで交付させていただく場合がありますのでご了承ください。

 

行政サービスコーナーでの証明

 

 市内の行政サービスコーナーでも納税証明書を受け取ることができます。

 開所時間など詳しくは、行政サービスコーナーのホームページをご覧ください。

 

 

郵送による申請の方法

 

●申請書(様式をダウンロードするか、下記の要領※で作成してください)

●切手を貼り、宛先を書いた返信用封筒

●手数料金額分の定額小為替(郵便局で購入し、何も記入しないでください)

上記3点を、区役所収納担当宛にお送りください。

 

 原則として代理人による請求はできません。また、本人の住所地以外への郵送はできませんのでご注意ください。

 

 自動車検査証の継続検査申請(車検)のための軽自動車税の納税証明については無料です。

 

※申請書がダウンロードできない場合、以下の内容を便箋等に記載してください。

 表題:納税証明申請書

 1.申請者住所・氏名・生年月日

   (法人の場合は、所在地・名称・代表者名・代表者印)

 2.連絡先電話番号 

 3.証明を必要とする税目

 4.必要年度及び部数

 5.使用目的 (例:融資の申請、ビザの更新、車検(継続検査)・廃車など)

 6.横浜市での住所、又は物件所在地・所有者

   (軽自動車税は、車両番号)

 

 送付先 

〒224-0032

横浜市都筑区茅ケ崎中央32−1 

     都筑区役所 税務課 収納担当 宛  

 

 

お問合せ先

税務課収納担当

区役所3階35番窓口

電話:045-948-2281〜2285  FAX:045-948-2277

 

上に戻る 


©2009 City of Yokohama. All rights reserved.