- トップメニュー|検索

都筑区の由来・概要

「都筑(つづき)区」の由来

 横浜の北西部一帯は、奈良時代から昭和14年まで「都筑郡」と呼ばれていました。「都筑区」の名称は、この歴史的に由緒ある地名を受け継ぐとともに、これからの街づくりが新しい「都を筑(きず)く」という、区民の総意で進むことを願って、つけられたものです。


都筑区の概況

 都筑区は横浜市の北部に位置し、平成6年11月6日に、港北区と緑区の再編成により誕生しました。


 区域の北部と中央部は港北ニュータウン地域で、豊かな自然と緑を残しつつ、都市と農業が調和した新しい街づくりが進んでいます。
区の中心となるタウンセンター地区は横浜の副都心として、商業・業務・サービスの集積や、文化施設の整備が計画されています。


 現在、総合公園の整備が進み、区総合庁舎・警察署・病院・郵便局・銀行・商業施設などが開業しています。
また、区内で2番目の鉄道である、市営地下鉄グリーンライン(日吉〜中山)が開通しました。


 区内にはまとまった農地があり、野菜を中心に都市農業がさかんです。
また、数多くの企業の本社・研究所・研修所が進出しており、鶴見川沿いには市内でも、屈指の工業地帯が形成されています。
 人口は18区中8番目で、平成22年4月に20万人を超え、平成26年5月に21万人を超えました。
 人口の増加が著しく、平均年齢が市内で最も若い活力ある区です。


都筑区の世帯数と人口

 横浜市統計ポータルサイト(政策局)では、横浜市の最新の世帯数・人口などを「横浜市人口ニュース」として掲載しています。
 都筑区の最新の世帯数・人口などについては、横浜市人口ニュースをご覧ください。


©2009 City of Yokohama. All rights reserved.