- トップメニュー|検索

「8050問題」について考えよう

概要

 近年、ひきこもりの長期化・高齢化が社会問題となっていますが、 中でも深刻化している「8050問題」を知っていますか?
「8050」とは、「80代の親とひきこもる50代の子ども」を表しています。 最近では「8050問題」がメディアでも取り上げられるようになり、8050問題 が注目される機会も増えました。実際にどのような状況なのか、どのよう に対応したら良いのか等この講演会でお話を聞いてみませんか?

「8050問題」について考えてみよう (チラシ)


<要 項>


日 時
  • 平成31年1月24日(木)
       14:00 〜 16:00  (受付開始 13:30)

講 師
  • 明石 紀久男 氏

      (特定非営利邦人 遊悠楽舎)

  • ひきこもり経験者の方

場 所
  •  都筑区役所 6階 大会議室

定 員
  •  先着 50名

申し込み

    FAX(948-2490) もしくは

    窓口(区役所 高齢・障害支援課 2階22番)          

  • 申し込み受付期間

    平成30年12月10日(月) 10時から            

 
備 考
  •  参加費 無料
  •  育児スペースはありません

問い合わせ

都筑福祉保健センター 高齢・障害支援課
  電話 045-948-2348
        (平日 8:45〜17:00)

都筑区生活支援センター こころ野
  電話 045-947-0080
(火〜土 10:00〜17:00  第1・3・5土 10:00〜15:00)


©2009 City of Yokohama. All rights reserved.