「読みたい」×「もったいない」 都筑区リユース図書の取り組み

〜家庭で不要になった子ども向け図書を集め、区内小学校へ「リユース図書」として配付しました。〜


都筑区地域振興課資源化推進担当では、市民活動団体「つづきっこ読書応援団(TDO)」と協働で子ども向け図書の寄付を募り、市立小学校や保育園などに無償で配付する活動を行っています。
このたび、956冊を区内の小学校(10校)へ配付しました。

記者発表資料はこちら(PDF1,701KB)



配付までの取組

平成27年3月 家庭で不要になった子ども向け図書を募集 1,525冊
5月 配付希望小学校の募集
6月 学校司書教諭等による選書を開催
7月上旬 10校へ図書を配付(合計956冊)
今後は希望する幼稚園や保育園へ幼児向け図書約500冊の配付を予定しています。(応募多数の場合は抽選)

活動の経緯

つづきっこ読書応援団(TDO)は、「読みたい気持ち」「知りたい気持ち」を高め、都筑区の子どもたちの読書活動の推進と読書環境の改善を図るために様々な活動をしています。
都筑区資源化推進担当とは「もったいない」を合言葉に協働し、家庭で不要になった子ども向け図書の寄付を募り、集まった図書を「リユース図書」として小学校の学級文庫や保育施設などへ無償で配付しています。
配付する図書には3Rの推進のため、「リユースつづき」というシールを貼っています。
今後も子どもたちの将来にわたる資源として、リユース図書の配付活動を行っていきます。


3R(スリーアール)とは

リデュース(Reduce) :ごみそのものを減らす
リユース(Reuse) :何回も繰り返し使う
リサイクル(Recycle) :分別して再び資源として使う

これまでの配付実績

平成23年度 21施設  568冊
平成24年度 6施設  702冊
平成25年度 22施設 1,085冊
平成26年度 12施設 1,832冊

贈呈式の様子

勝田小学校
勝田小学校贈呈式の写真



荏田東第一小学校
荏田東第1小学校贈呈式写真



リユース図書の後ろに貼るステッカー
リユース図書ステッカー