- トップメニュー|検索

ローザ・つづきく

 フランス、ロワール地方の中核都市アンジェの南に、貴腐ワインやバラ園で知られるオービニエ・スール・レイヨン(以下A.S.L)という町があります。この町と都筑区とは平成9年頃から住民同士の交流があります。これまで、A.S.Lの収穫祭に区民が国際交流団を派遣し、現地で都筑区の紹介や日本文化を披露するなどの交流が行われてきました。
 あるとき、A.S.L近郊でバラ園を経営するジャック&クリストフ・トラヴェール親子がこの交流を知り、新種のバラに都筑区の名前をつけてはどうかとA.S.L市長に提案されました。こうして、そのバラは「ローザ・つづきく」と名づけられました。
 「ローザ・つづきく」は光沢のある淡いピンクの花びらをもつ二度咲きのバラで、春から秋にかけて美しい花が咲きます。
 区内では都筑中央公園円形広場に植えられています。 (バラ栽培管理指定管理者:都筑中央公園自然体験施設管理運営委員会(都筑中央公園里山倶楽部))
 また、平成19年12月には港の見える丘公園のローズガーデンにも移植しました。多くの方に鑑賞していただきたいと思います。

ローザ・つづきく
▲ローザ・つづきく
都筑中央公園円形広場
▲都筑中央公園円形広場

平成17年末から18年2月に植え替えを行い、ローザ・つづきくが円形広場全体に広がりました。
港の見える丘公園
▲港の見える丘公園

平成19年12月に移植しました。

 

ページの上に戻る


©2009 City of Yokohama. All rights reserved.