ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

「鶴見区洪水ハザードマップ」

「鶴見区洪水ハザードマップ」を作成しました!

 河川における洪水の危険性を表す洪水ハザードマップは、全国の主要な河川で整備されています。

 平成27年の水防法改正に伴い、鶴見川水系及び多摩川水系の洪水浸水想定区域の一部が見直されました。これにあわせて、新たな洪水ハザードマップを作成しました。

 新・ハザードマップの特徴

  「想定最大規模」と「計画規模」双方の鶴見川浸水想定区域を掲載しました。

  想定最大規模 2日間 792ミリの降雨

  計画規模    2日間 405ミリの降雨


  区民の皆様に知っておいていただきたい情報

 PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。