ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

防犯に関する鶴見区の取組み

 区内の犯罪発生情報や防犯対策などの情報を掲載しています。

イメージ 
イメージ
 パソコン、携帯電話のメールアドレスを登録するだけで、鶴見区で発生した犯罪情報を受信することができます。
 詳しくは、犯罪発生情報メール配信ページへ

 

鶴見警察署ホームページ

イメージ 
鶴見警察署の内容のほか、防犯対策情報・小学校区の防犯マップなどの情報を提供しています。
鶴見警察署ホームページへ

 

鶴見区における、主な地域防犯活動の取り組みと支援

防犯リーダー研修会
地域における防犯リーダーの資質の向上及び効果的活動を実現するため、「地域防犯リーダー研修会」を開催しました。

日時 平成26年7月3日(木)18:30~20:00
場所 鶴見区役所6階8・9・10号会議室
参加者 95名
講義テーマ
※()内は講師
・「鶴見区における地域犯罪の現状」 (鶴見警察署 生活安全課 防犯係)
・「暴力団情勢の現状」         (神奈川県警察本部 暴力団対策課)
・「防犯活動支援メニューの紹介」   (鶴見警察署・鶴見区役所)
アンケート結果(抜粋) ・初めての研修参加で色々参考になりました。
・振込め詐欺の話は具体性があり、良く理解できた。
・地域の犯罪の現況について理解できた。
・暴力団の事例の話は迫力があり良かった。
・自分自身も含め、自治会へも大変勉強になりました。
防犯リーダー研修会の様子 防犯リーダー研修会の様子
(当日の様子)



振り込め詐欺被害減少に向けた取組み
 鶴見区内の振り込め詐欺は、平成26年1月から12月にかけて、発生件数65件、被害金額約2億円以上となり、平成25年の年間発生件数、被害金額を大幅に上回っています。
 最近では、区役所職員を名乗り、医療費や保険料の還付金があるなどと電話をする「還付金詐欺」が増えています。
 不審な電話がご自宅にかかってきた際は警察へご連絡をお願いいたします。

不審電話や振り込め詐欺被害発生時における
区民への周知 
 鶴見区内はもちろんのこと、近隣の地域において、振り込め詐欺の前兆電話と思われる不審電話や被害が発生した場合、犯罪情報メール(詳細はこちら)による周知に加えて、区内各地区センターやコミュニティハウスなど市民利用施設において注意喚起ポスターの掲示を行っています。
 また、鶴見区のツイッタ―による注意喚起も行っています。
【掲示施設27か所】
地区センター(全6か所)、コミュニティハウス(全7か所)、地域ケアプラザ(全8か所)、老人福祉センター、
鶴見スポーツセンター、鶴見公会堂、区民文化センター、鶴見図書館、国際交流ラウンジ
JR鶴見駅東口にて
注意喚起チラシを配布
 平成26年8月の一定期間中、鶴見駅東口CIAL前において、鶴見区役所職員と鶴見郵便局職員の皆様で注意喚起チラシを配布し、注意喚起を行いました。
「振り込め詐欺撲滅!!
第2回鶴見区川柳コンテスト」の開催
 区民の皆様やその御家族が振り込め詐欺の被害にあわないために、鶴見区、鶴見警察署、鶴見区防犯協会等が連携し、振り込め詐欺撲滅に関する川柳コンテストを募集しました。また、表彰作品は啓発チラシ等で活用し、各町内会・自治会に配付しました。
 第2回鶴見区川柳コンテストの詳細はこちら
公用車の録音放送による注意喚起  録音した振り込め詐欺注意喚起文を、職員が公用車(鶴見区役所美化担当車、鶴見区役所広報車、資源循環局鶴見事務所公用車、横浜市ごみ収集車)を使用する際に放送し、振り込め詐欺への注意を促します。
 広報よこはま鶴見区版に振り込め詐欺撃退法を掲載  広報よこはま鶴見区版(平成26年度12月号)
【トピックス】今すぐできる!“振り込め詐欺”撃退法!!(PDF形式、1.1MB)




鶴見区防犯会議

 犯罪を寄せつけないまち・防犯に強い鶴見の実現を目指し、実践的な防犯活動を推進するため、鶴見区内の地域全体で活動事項や情報を共有する場として、随時開催されています。

H23防犯会議
平成24年3月の防犯会議では、鶴見区老人クラブ連合会と連携して、振り込め詐欺撲滅宣言を打ち出しました。 


防犯パトロール活動の支援
 各自治会・町内会が行う自主防犯パトロールを支援します。また、防犯パトロールに必要な腕章・タスキなどの物品を提供します。


「横浜市子どもの安全の日」の見守り活動
 毎月10日の「横浜市子どもの安全の日」に、地域・保護者、横浜建設業協会鶴見区会、鶴見警察署、鶴見消防署、鶴見土木事務所、鶴見区役所などが合同で、児童の見守り活動を実施します。


「子ども防犯教室」の開催 
 子どもたちが自ら身を守るための子ども向けの防犯教室や、鶴見警察署の協力を得て、子ども防犯をテーマに研修会を開催し防犯対策の向上を図ります。

 PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。