ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた鶴見区行動指針」の策定について

「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた鶴見区行動指針」を策定しました

 横浜市では、団塊の世代が75歳を迎える平成37(2025)年を目途に、年齢を重ねても、高齢者が自分らしく住み慣れた地域で安心して生活ができるよう、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでおり、平成29年3月に「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた行動指針」を策定しました。
 この行動指針を踏まえ、地域の特色や課題に応じて取組を進める必要があることから、鶴見区では、平成30年3月に「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた鶴見区行動指針」を策定しました。

「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた鶴見区行動指針」(PDF形式、2,606KB)

 

問合せ

鶴見区役所 高齢・障害支援課 地域包括ケア推進担当
TEL:045-510-1775 FAX:045-510-1897

 

参考

横浜市健康福祉局が策定した「地域包括ケアシステムの構築に向けた鶴見区行動指針」については、こちらのページをご覧ください。

 

 PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。