本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  1. ホーム
  2. 区政推進課
  3. 編集サポーターがつづる とつか見聞録
  4. 戸塚区の代表的なお祭り〜八坂神社のお札まき〜
文字の大きさ変更

戸塚区の紹介

編集サポーターがつづる とつか見聞録  とつかっ子の夏!八坂神社の「お札(おふだ)まき」

 

交通アクセス

※温暖化防止のため、お出かけは公共交通機関で

  • 戸塚バスセンターから「大船駅西口」、「金井高校前」、
    「ヒルズ南戸塚」、「立場ターミナル」、「藤沢駅」か
    「ドリームランド」行きで「日立入口」下車 徒歩1分
  • 戸塚駅から徒歩約10分

 

 

 

 

 

 

 

【大人も子どもも毎年楽しみにしている、五穀豊穣・厄よけを願う神事、「お札まき」に同行して】

 7月14日 午後5時20分 戸塚四丁目町内会役員の皆さんが準備を整えた八坂神社境内に、いつものあのにぎやかで底抜けに明るい氏子さんたちが登場してきました。

 例年通り、アマチュアカメラマンやファンの皆さんが一斉にカメラを向けています。

 今年は全国ネットのテレビ局も取材に来ていて、初めて「おじさま」たちの女装メークを目の当たりにした若いアナウンサーが驚きの声を上げるなど、さらににぎやかな取材状態でした。

 まず氏子さんたちは、本殿で神主さんにおはらいと祝詞を唱えてもらうようです。

 それが済むといよいよ境内の広場で輪になって踊りながら、あの「天王様は・・・」の歌詞を4番まで全部歌い上げました。よく聞いてみると中には”つや”を含んだようなのも・・・。

 歌い終わるとまずは第1回目のお札まきです。

 うちわの風に舞う色とりどりの「正一位八坂神社御守護」のお札。普段「つかみ取り」というと見ている人は、少々苦笑いをしますが、これは別。

 底抜けに明るいこのお札の「つかみ取り」を見ているだけで暑気払いや厄払いをしている気分になります。

 境内での第1回目のお札まきが終わり、いよいよ踊り手の氏子さんたちの町内練り歩きが始まります。

 「天王様は〜泣く子が嫌い・・・」、「ここらでまこうか」と短縮された歌詞を歌いながら、神社へお参りに向かう人びとや縁日でごった返す人ごみで騒然としている中、構わず輪になってお札をまいていきます。

 テレビ局のアナウンサーが懸念していましたが、これだけ騒然としている中でまいても、けが人が出ないのは、先導役の町内会役員さん、交通安全協会、警察官、消防署の皆さんの尽力ももちろんありますが、とつかっ子たちがこのお祭りをずっと誇りにし、大切に思っているからでもあるのでしょう。

 もらい損ねた子どもに、自分のお札を黙って譲る大人の優しい表情や、まく場所で居合わせた子どもたちを優先的に前の方に並ばせる光景も当たり前に見られます。

 数か所に用意された休憩所で氏子さんたちが休んでいる間、町内会役員さんにお話を伺いました。

 1回にまくお札は20枚だそうです。

 踊り手は、もともと八坂神社のある戸塚四丁目に住む氏子さんたちがなるのが原則で、人数は15人と決まっているそうですが、希望者がかなり控えているとか。

 踊り手の氏子さんたちにもお話を伺いました。

 「天王さん」ととつかっ子がそう呼んでいるお祭りの日は、遠くにいる親族が集まったり帰省したりと、そこかしこでにぎやかに親戚が集まって過ごしているようです。

 練り歩いた縁日のところでも祖父母からもらったらしいお小遣いを小さい袋から出して欲しいものを買っている子どもたちの姿も見られました。

 「いや、楽しいよ。いろいろな人と話せるしね。」とある氏子さん。

 ほかの県から珍しい祭りを求めて、取材や撮影に来るファンや研究家の人もいるそうです。

 今回、広報編集サポーターの取材として練り歩きに同行しましたが、同行者の中には、わざわざほかの県から電車を乗り継いで来た人たちもいました。

 そのうちの何人かとお話ししましたが、皆さん、口をそろえてこのお祭りを賞賛していました。

 最後の休憩所からいよいよ長いたすきをみんなで結び合い、踊り子の氏子さんたちは元気なかけ声をあげながら八坂神社へ戻ります。

 町内20か所を結ぶ練り歩きの最後は、境内の社務所に設けられたステージからのひと際にぎやかなお札まきです。

 4番まで歌い終わると最後のお札まき。多分、多くのお札がまかれたように見えます。

 老若男女が入り乱れてのつかみ取りも最後になりました。アンコールの大盤振る舞いをして、今年のお札まきは無事終了しました。

 お参りする人たちの列や、ステージで開催されている、いろいろな芸能で相変わらずにぎやかな境内を出て、お待ちかねの縁日に繰り出します。

 お祭りの楽しみはまだまだ続きます。

 しかし、さすが地元住民のためのお祭り。子どもを安全な時間に帰すべく、縁日は毎年夜9時までと決められています。

 終了間際には、家族へのお土産なのか、大急ぎで買い回るネクタイ姿の男性もいました。

 今年も、江戸の昔から続く「天王さまのお祭り」のハイライト、「お札まき」は無事終了。戸塚四丁目町内会、交通安全協会、消防署・消防団、警察署、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした。来年も楽しみです。

 

(編集サポーター 浅井)

 地図はこちら

 

境内で一踊り白塗りメークの氏子さん

これからまきます!「正一位八坂神社御守護」のお札

お札の奪い合い宙に舞うお札