本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  1. ホーム
  2. 保険・年金
  3. 医療費助成
  4. 小児医療費助成事業
文字の大きさ変更

分野別情報

小児医療費助成事業

 横浜市内に住所があり健康保険に加入しているお子様が、病気やけがで医療機関を受診したときに、保険診療の自己負担額(0歳〜未就学児は医療費の2割分、小学生以上は医療費の3割分)を助成する制度です。
 
 小児医療費助成事業の詳細は横浜市健康福祉局ホームページをご覧ください。

【小児医療証の交付対象年齢の拡大について】
  平成29年4月から、通院助成の対象年齢を「小学3年生まで」から「小学6年生まで」に拡大しました。。
 なお、小学4・5・6年生は、通院1回につき500円までの窓口負担があります(薬局及び入院を除く)。


小児医療証の交付申請をする
・お子様が生まれたとき
・市外・区外から戸塚区へ転入したとき

小児医療証の内容を変更する、再交付の申請をする
・氏名、保護者、住所、健康保険証の変更
・市外転出、他の医療費助成や生活保護などの受給開始
・医療証の紛失等による再交付

小児医療費の払い戻しの申請をする
・小児医療証をお持ちの方が県外で受診し、医療費を負担した場合
・小児医療証を医療機関で提示できず、医療費を負担した場合
・償還払い専用の小児医療証をお持ちの方が医療費を負担した場合
・中学1年生〜中学3年生までのお子様が入院し、医療費を負担した場合 など




【問い合わせ先】
保険年金課保険係 TEL:045-866-8450、FAX:045-871-5809
【更新日】2017年4月1日

戻る