本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  1. ホーム
  2. 中小企業振興
  3. 株式会社 仙北谷
文字の大きさ変更

   株式会社 仙北谷


切削加工工程
(木嶋一彦様 撮影)

金属部品加工メーカーとして、さまざまな製品に挑戦して50年。
                今後も、飽くなき技術の挑戦をしていきます。

戸塚区で人工衛星の部品やレーシングカーの部品、各種工業製品の試作開発品を作っている会社です。3次元CAD/CAM、切削、放電、研磨、仕上げ、測定など高度な技術の融合により、提案型企業として日本のものづくりに貢献しています。



微細加工品「ミニコプター」
森精機ドリームコンテスト金賞受賞


切削加工品
モデル 横浜ランドマークタワー


パアルミダイカストの試作向け
切削用ADC12材を常時保有

企業理念・経営指針


  当社の社是 「仕事はやらせていただくもの」

  この社是は、お客様から仕事をやらせて頂いて感謝するという意味はもちろん、他にもいくつかの意味を持っています。お客様はもちろん、全ての取引先に感謝し、会社は社員に対して働いて頂いていると感謝し、社員も働かせて頂いていると感謝し、加えて地域の方々に対してもこの地で操業できることを感謝する、そういう会社でありたい、という思いを表しています。

事業概要・製品・技術・特徴

  事業概要
   ・装置/治具の設計製作、金属部品の委託加工、
    試作品の製作、宇宙・航空関連部品の製作、自動車部品の
    試作加工、アルミダイカスト製品の試作加工、5軸マシニン
    グ加工、微細加工、放電加工
    
    ― 少量多品種、複雑形状、短納期対応で
       お客様のお役に立てるよう挑戦し続けます。 ―

設立経緯・歴史、戸塚区との繋がり

   ・昭昭和34年 4月:自動車電装部品メーカーとして創業

   ・昭和37年12月:有限会社仙北谷製作所を設立

   ・平成 3年12月:組織変更し、株式会社仙北谷とする

   ・平成14年 1月:神奈川県優良工場表彰受賞

   ・平成24年12月:会社設立50周年

   ― 当社は、戸塚の地で誕生し、50年に亘り事業を続けて参
      りました。
      これからも、戸塚と共に歩んで参りたいと思います。 −

トピックス

   ・設立から50年を迎え、今後も一貫して「ものづくり」に軸足を
    置き、高精度・高品質・短納期をテーマに、技術の研鑽を続
    けます。

   ・単なる受託加工メーカーではなく、お客様の製品開発がより
    よいものになるよう、「作りやすい製品」を提案する企業であ
    りたいと考えています。

   ・周辺の住民の皆様のため、工場用地の一部をオープンにす
    るなどささやかな活動を行っています。今後は、防犯や防災
    なども含め、地域のパートナーと思って頂けるよう、努力して
    参ります。

代表者 仙北谷 英貴 map
著作権は横浜市にあります。
設立 昭和37年12月
住所 戸塚区東俣野町41番地               
電話番号 045-851-2480    
ホームページアドレス  http://www.senbokuya.co.jp

左が、仙北谷英貴社長、
右手前が葛西区長


加工方法の説明

 葛西区長が株式会社仙北谷を訪問し、仙北谷英貴代表取締役社長と対談を行いました。

 株式会社仙北谷の創立以来50年間にわたる企業経営に関してお話し頂き、
特にプレスと金型をベースにした技術により、他社が追随出来ない、極めて精密な加工による多種少量生産に道を開いたお話をうかがうことができました。

 また、先代社長の経営方針をより発展させ、事業運営にトップダウンとボトムアップのバランスがとれた執行体制をとり、製品検査体制の重要性の認識のもと、不良品はほぼ0%を成し遂げたとのお話を頂きました。

 更に、企業にとって5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動がいかに重要かのお話が印象に残りました。


仙北谷英貴社長、葛西区長