- トップメニュー|検索
都市整備局
都市整備局 >>  都心再生課 >> 現市庁舎街区等の活用 >> 公共空間の活性化 >> 平成30年3月(大通り公園)

■ 開催概要 ■

 横浜市では、新市庁舎整備基本計画(平成26年3月策定)を踏まえ、関内駅周辺地区における公共空間の有効活用を進めています。その中で今回、都心臨海部における都市軸の1つとしても重要な位置づけを持つ大通り公園で、第3回目となる実証実験を実施しました。
 実施の協力者として、前回までの協力者の方に引き続きご参加いただいているほか、共創フロントにご提案いただいた皆様にも加わっていただきました。また、公園活用に興味を持っている周辺店舗の方も集まり、全体で29の事業者にご協力いただきました。
 実験の内容は、前回までと同様、公園内にイス等を置き飲食や緑を提供することや子供向けに遊びやスポーツに関連のイベントを行うことに加え、今回は新たに、絵画や音楽等の文化的活動に触れる取組も行い、様々な視点から大通り公園の魅力的な使い方を検証しました。


◆日程
 平成30年3月21日(水・祝)から24日(土)までの4日間
 ※雨天の日は中止となります。
◆時間
 10時30分〜15時30分
 (4日間とも上記開催時間)

◆場所
 大通り公園 第1区、第2区

◆主催
 横浜市都市整備局都心再生課

◆企画・実施
 横濱まちづくりラボ有志グループ
 (株式会社山手総合研究所、処デザイン学舎、株式会社POD)

◆協力
 政策局共創推進課、市民局スポーツ振興課、環境創造局公園緑地管理課、
 環境創造局南部公園事務所(都心部公園担当)、中区地域振興課

◆協力事業者
 □法人など
  石井造園株式会社、大山木材有限会社、学校法人 慶應義塾大学 SFC研究所、
  一般社団法人ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館、有限会社湘南花卉園緑地、
  中区体育協会、一般社団法人ファースト・ワン、FOOD Communication Life、
  株式会社ピクニックルーム、本町小学校6年1組、横浜市技能文化会館(指定
  管理者:株式会社キャリアライズ)、横浜自然観察の森雑木林ファンクラブ、
  横浜市体育協会、横浜スイーツ&カフェ専門学校、横浜リゾート&スポーツ
  専門学校、横浜緑地株式会社

 □キッチンカー、近隣飲食店出店協力
  AS muffin、ERTUGRUL KITCHEN、Café Plus、Sweet’s Factory Space、
  sprout、Smiley Creperie、Bar Prima、葡萄屋関内店、MicHi、RICE Café、
  Loco Kitchen

 ※50音順[合計29事業者]

◆主なイベント
 (1)飲食や緑などの提供(パラソルマルシェ&パラソルカフェ)
 (2)公園での子供向け遊び・スポーツの提供(体験・対話型イベント)
 (3)公園内外における利用者向けサービス提供

 ※プログラムの詳細は右のチラシをクリックしてご覧いただくか、
 下記のHPをご覧ください。


 ★『大通り公園に、よりみちしよう。
    <横濱まちづくりラボ有志グループ作成>
チラシ表

チラシ裏



  ☆第1回大通り公園活用実証実験(平成29年3月)の様子はこちら

  ☆第2回大通り公園活用実証実験(平成29年11月)の様子はこちら

都市整備局 >>  都心再生課 >> 現市庁舎街区等の活用 >> 公共空間の活性化 >> 平成30年3月(大通り公園)
- 2018年 03月 12日 作成 - 2018年 11月 02日 更新
©2010-2018 City of Yokohama. All rights reserved.