- トップメニュー|検索
都市整備局>> 都心再生課>> 現市庁舎街区等の活用


◇ 横浜市現市庁舎街区等の活用について ◇

〜関内駅周辺地区のまちづくり〜

関内駅周辺地区図

 関内駅周辺地区では、平成32年に予定される市庁舎の移転に伴い、新たなまちづくりが求められています。横浜市では、公民連携による新たなまちづくりを進めるため、民間事業者の方や地元の方等との議論を進めてきました。

 具体的には、公民連携による議論のための場として「横濱まちづくりラボ」を開設し、リーディングプロジェクトとして平成28年4月に文化体育館の再整備事業がスタートしたほか、公共空間の活用等にも取り組んできた経緯があります。

 そして、平成29年3月には、より魅力と活力にあふれた関内駅周辺地区のまちづくりを進めるため「現市庁舎街区等活用事業実施方針」がまとめられ、現在、当該地域の活性化に向けた事業者公募案の作成が進められている段階です。

 今後も、地域のさらなる活性化に向け検討と協議を進めていきます。


■ 関内駅周辺地区まちづくり公式 Facebook

 Facebookページでは、関内駅周辺地区の様々な状況を情報発信しています!
 こちらをご覧ください!



<問合せ先>

 □ 横浜市 都市整備局 都心再生部 都心再生課
 □ E-mail:tb-machilab@city.yokohama.jp
 □ TEL:045-671-3963


Adobeシステムズ社のホームページへのリンクボタン PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobeシステムズ社のホームページからダウンロードしてください。Adobe Readerは、ユーザ登録をするだけで自由に使うことができます。

都市整備局>> 都心再生課>> 現市庁舎街区等の活用
- 2017年10月13日作成 - 2017年10月26日更新
©2010-2017 City of Yokohama. All rights reserved.