- トップメニュー|検索
都市整備局
都市整備局 >>  都市デザイン室 >> 

平成22年12月15日


横浜市認定歴史的建造物「日本ビクター第一工場ファサード」の認定解除について

 本日(12月15日)、歴史的建造物「日本ビクター第一工場ファサード」所有者である日本ビクター株式会社から「日本ビクター第一工場ファサード」に関し、歴史的建造物の認定を解除し、解体を行う旨の申出がありました。
 歴史的建造物は解体されますが、解体に際して、将来的な復元を前提とした記録保存が行われるとともに、一部部材の保管が実施されます。

1.日本ビクター株式会社からの申出の要旨について

・横浜工場の売却に伴う諸事情により、歴史的建造物を現在地で現状保存することが不可能となった。
・隣接地への移設及び復元を検討したが、建造物自体が移設に耐えられない可能性があることや、耐震補強工事の必要性など、難しい課題がある。
・日本ビクターとして構造改革を進めるなか、緊急対策等の諸施策を実施しており、従業員にも少なからぬ負担をしてもらっているなどの諸事情もある。
・このように移設をとりまく環境が厳しく、歴史的建造物の保全が困難なことから認定解除を申請するとともに、次の2点を実施する。
(1)これまでに交付された助成金の全額返還
(2)将来的な復元を前提とした、記録保存と一部部材保管

2.横浜市の対応について

・歴史的建造物の認定を解除する方向で手続きを進めます。
・今後は、将来的な復元を前提とした記録保存や部材保管等の方法について、日本ビクター株式会社と引き続き協議を進めていきます。

「日本ビクター第一工場ファサード」の概要

・認定年月日:平成11(1999)年12月
・所 在 地:神奈川区守屋町3−12
・建 築 年:昭和5(1930)年
・設計/施工:(設計者)三菱合資会社地所部(現三菱地所)/(施工者)大林組
・構造・規模:鉄筋コンクリート(RC)造1階

[PDF]記者発表資料(PDF形式、20KB)


都市整備局 >>  都市デザイン室 >> 

都市整備局企画部都市デザイン室

ご意見・お問合せ - tb-toshidesign@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2023 - FAX: 045-664-4539

- 2010年 12月 15日 作成 - 2010年 12月 15日 更新
©2010-2010 City of Yokohama. All rights reserved.