- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

  

【記者発表資料】

水道局南部方面工事課
電話: 045-252-7081
FAX : 045-241-1070

上手に使おう 横浜の水

 

 

 

 

 

中村すいどうフェスティバル2018〜もっと身近に、水道と防災〜

 暮らしに欠かせない安心・安全な水をお届けする水道局の仕事を知っていただくとともに、地域の皆さまがもっと身近に災害への備えについて考えていただけるよう、「中村すいどうフェスティバル2018」を開催します。
 普段入ることのできない管路研修施設※での各種体験等を楽しみながら、防災について『知る・考える』1日をお過ごしください。
 なお、当日は近隣地区の学校や福祉施設が主催するお祭り「レインボーフェスタ・みなみ」も同時開催されます。
 ※水道局職員をはじめ、他の事業体の職員や民間事業者の配管・漏水修理技能を維持・向上させるための施設です。

 

 

1 開催日時

 平成30年9月22日(土)10時から14時まで(小雨決行、荒天中止)
 ※天候等による開催の可否については、9月22日(土)午前6時に決定しますので、水道局お客さまサービスセンター(TEL:045-847(はちよんなな)-6262)にお問い合わせください。


 

2 開催場所

案内図

案内図


  横浜市水道局中村ウォータープラザ(横浜市南区中村町4-305)
  ※市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅から徒歩10分
    京浜急行黄金町駅から徒歩15分
    浦舟町バス停から徒歩5分
  ※当日は駐車スペースがありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。



3 内容

(1)防災講演会 『繰り返してはならない災害の犠牲』 (11時から12時まで)

佐藤健一氏

  元・気仙沼市役所危機管理監/現・アジア航測(株)東北IM技術部地域創生課 技師長

  佐藤 健一 氏

  近年ひん発する自然災害では、誰もが「被災者」となる可能性を抱えています。 いつ起きるか分からなくても、災害を自分のこととして受け止め、 備えていくにはどうしたら良いのか? 東日本大震災での経験を踏まえてお話しいただきます。



(2)仕事・技術体験(10時から14時まで)

  漏水の音ってどんな音? 水漏れはどうやって直すの? 水の力ってどのくらい?など、 職員と一緒に体験してみませんか。非常時の応急給水についてもお伝えします。

漏水調査体験の様子 水道管修理体験の様子 水圧体験の様子 災害時の給水体験の様子

【漏水調査体験】   

【水道管修理体験】 

【水圧体験】

【災害時の給水体験】




(3)市民ミュージカル「アクアの肖像」上映会(10時・12時・13時の3回上映/約30分)

アクアの肖像ポスター

  様々な人々の努力によって作られた水道。今では当たり前に思われている水道について、横浜に水道が誕生した約130年前の歴史を学ぶことができます。

 感動の話題作をダイジェスト版で上映します。




(4)水源林の間伐材で作った水源列車の乗車、間伐材を使用したコースター作り体験(10時から14時まで)

  横浜の水源の一つである山梨県道志村の水源林間伐材の香り、ぬくもりを感じることができます。

 

水源列車 丸太切り体験の様子



(5)起震車による地震体験、災害用トイレの展示(10時から14時まで)【南消防署・資源循環局北部事務所】

  地震の揺れの疑似体験、災害用トイレの展示等を通して、備える大切さを伝えます。

 

起震車 災害用トイレ



(6)緊急車両の展示(10時から14時まで)【南警察署・南消防署】

  日頃目にすることができないサイレンのスイッチなどを見ることができます。

 

展示予定車両



(7)初期消火合同訓練会(10時から11時まで)【南消防署・中村地区連合町内会】

  共助と減災の取組の一つとして、地域の自治会町内会の皆さまによる初期消火器具取扱訓練会を行います。

 

訓練会の様子



4 参加団体

 南警察署、南消防署、資源循環局北部事務所、NPO法人道志水源林ボランティアの会、(一財)横浜水道会館

 

 

 ※取材にあたっての事前申し込みは必要ありません。会場に直接お越しください。

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局南部方面工事課 - 2018年9月14日作成
ご意見・問合せ - su-nanbukouji@city.yokohama.jp
電話: 045-252-7081 - FAX: 045-241-1070
© 1998-2018 City of Yokohama. All rights reserved.