- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局川井浄水場
電話: 045-921-1174
FAX : 045-922-4989

 

 上手に使おう 横浜の水

 

 

 

日本最大規模の膜ろ過方式の浄水場
川井浄水場セラロッカ1万人目の見学者が来場!

 平成26年4月に稼動した日本最大規模の膜ろ過方式の川井浄水場(セラロッカ)※が平成29年9月6日に1万人目の見学者を迎えました。
 稼動開始当初から小学生を中心に自治体、民間企業、海外からの視察団など様々な方にご見学いただき、自然エネルギーを活用した環境にやさしい浄水場についてPRしています。多くのお客さまに見学いただいたことに感謝の意を込めセレモニーを開催し、記念品贈呈、記念撮影を行いました。
※セラロッカとは
愛称公募により「膜の材質のセラミック」と「ろ過」を組み合わせ「セラロッカ」と命名しました。


来場日

平成29年9月6日(水)


1万人目の見学者

横浜三育(よこはまさんいく)小学校の皆様


集合写真

集合写真

記念品贈呈

記念品贈呈

入場時のビックリしている様子

入場時のビックリしている様子



参考


見学者分類表

H26.4月〜H29.8月 見学者別件数及び人数 合計
小学生 中高大学生 自治体 民間企業など 海外からの視察団など 一般
件数 66件 37件 211件 173件 54件 93件 634件
人数 3,330人 356人 2,037人 2,055人 779人 1,439人 9,996人

主な見学者

・市内小学校
・厚生労働省副大臣
・独立行政法人水資源機構
・水道関連企業
・ベトナム国内閣副官房長官
・マレーシア国水資源管理会社理事
・インドネシア国ポレワリマンダル県水道公社総裁


施設概要

・所在地:横浜市旭区上川井町2555番地
・生産水量:172,800㎥/日
・処理方式:膜ろ過方式
・水源:道志川
・事業会社:ウォーターネクスト横浜株式会社
(事業会社の株主)  メタウォーター株式会社、メタウォーターサービス株式会社、三菱UFJリース株式会社、月島機械株式会社、東京パワーテクノロジー株式会社、東京電力エナジーパートナー株式会社


川井浄水場のあらまし

 川井浄水場は現存する市内3つの浄水場で最も古く、明治34(1901)年に創設されました。その後、昭和38(1963)年に主要施設を更新し、50年近く横浜市民の皆様の水道水を作ってきましたが、施設の老朽化が進み耐震性に問題があることから全面的な改修が必要となり、平成21(2009)年からPFI方式(民間企業が資金調達から施設の設計・施工、運転・維持管理までを行う事業手法)で再整備を行いました。
 膜ろ過方式は、一般的にはポンプにより圧力を生じさせてろ過するシステムですが、川井浄水場では水源から浄水場の高低差から生まれる自然エネルギーを利用することでポンプが不要となり、電力の大幅な節減が可能となりました。
 川井浄水場「セラロッカ」は、その名前の由来となったセラミック製の膜モジュールを使用した日本最大級の膜ろ過施設として、平成26(2014)年4月に完成しました。

川井浄水場セラロッカ 膜ろ過装置

川井浄水場セラロッカ

膜ろ過装置




水道局噴水マーク 横浜市水道局川井浄水場 - 2017年9月7日作成
ご意見・問合せ - su-kawaijosui@city.yokohama.jp
電話: 045-921-1174 - FAX: 045-922-4989
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.