- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局公民連携推進課
電話: 045-633-0157
FAX : 045-681-6572
上手に使おう 横浜の水




あなたと、あなたの大切な人を失いたくないから...
ピンクリボンかながわを応援するはまっ子どうし The Waterピンクリボンボトルが誕生!

ピンクリボン はまっ子どうし The Waterロゴ

 横浜市水道局と、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝えるピンクリボンかながわ(事務局:公益財団法人神奈川県予防医学協会)との協働により、「はまっ子どうし The Water」ピンクリボンボトルが誕生します。
 日本では乳がんにかかる女性は年々増えています。一生涯に乳がんを発症する日本人女性は11人に1人といわれ、亡くなられる方も年々増加しており、検診による早期発見・早期治療が非常に重要です。
 水が身近にあるように乳がん検診も身近な存在と感じてもらえるよう、ピンク色のかわいらしいボトルで早期発見・早期治療の大切さを呼びかけます。
 また、水道局では備蓄飲料水「横浜水缶」にピンクリボンのロゴを表記した“ピンクリボン缶”を通じた啓発活動も行っています。


 9月1日(金)から販売開始! 

横浜市水道局での販売

はまっ子どうし The Waterピンクリボンボトル
はまっ子どうし The Water
ピンクリボンボトル

販売価格:1箱(500mℓボトル24本入り)2,400円(税込)
賞味期限:製造から2年間
配達料  :200円/1か所(11箱以上は無料)※配達は神奈川県内のみ
ご注文先:水道局お客さまサービスセンター(24時間365日受付)
              電話 045-847(はちよんなな)-6262 FAX 045-848-4281
その他 神奈川県内の医療関係機関等でも販売予定
  ※販売場所については、9月上旬から順次横浜市水道局ホームページでお知らせします。

   くわしくはホームページで「はまっ子どうし 取扱店」と検索








「はまっ子どうし The Water」について

はまっ子どうし The Water
はまっ子どうし The Water
レギュラーボトル

 「はまっ子どうし The Water」は、横浜市の水源のひとつである道志川の清流水を詰めたボトルドウォーターです。水源保全の大切さをお客さまに知ってもらうことで、横浜の水源地や水道事業への関心を高めていただくとともに、水源保全と良質な水との関係について理解していただくことを目的としています。
 また、売上げの一部を環境貢献や国際支援のために寄附するなど、環境にやさしい社会づくりに貢献しています。















ピンクリボンかながわについて

 ピンクリボンかながわ」は、乳がんの早期発見・早期治療をめざして、認定NPO法人乳房健康研究会と共に、乳がん検診の受診率向上と乳がんについての知識の普及・啓発を目的として、平成18年度から取組み11年目になります。
 「乳がんからあなたと、あなたの大切な人を守りたい・・・」という熱い思いで、行政・企業との連携を拡大し草の根運動として活発な活動を展開しております。



乳がん発症年齢 乳がん死亡者数
国立がん研究センターがん対策情報センター
「がん情報サービス」女性の乳がん年齢階級別罹患率(全国推計値、2010年)
厚生労働省人口動態統計【確定数】より
女性の乳がんの死亡数 (2016年9月8日発表)

 

乳がん検診の受診率

 横浜市では、市民の乳がん検診受診率の目標を50%としています。受診率は年々向上しており、目標達成のため受診率向上に向けた取組を進めています。

 

乳がん検診の受診率
出典:平成22年、25年、28年「国民生活基礎調査」(3年ごとに実施)

実施医療機関(視触診 271か所・マンモグラフィ89か所)で横浜市乳がん検診が受けられます。

よこはま健康ファミリィ
よこはま健康ファミリィ

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局公民連携推進課 - 2017年8月29日作成
ご意見・問合せ - su-kouminrenkei@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0157 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.