- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局公民連携推進課
電話: 045-633-0157
FAX : 045-681-6572

 

 上手に使おう 横浜の水

近代水道創設130年ロゴマーク

 

 

 

 

水道局とSUPER GTによるスペシャル授業開催〜水源保全・キャリア教育・日本のものづくり技術〜

 横浜市水道局は、水源地のひとつである山梨県道志村の水源林保全の大切さを理解していただき、良好な水源を次世代に引き継ぐため、中学生を対象とした特別授業を開催します。この授業は水源エコプロジェクトW-eco・p(ウィコップ)に参加している株式会社GTアソシエイションとの協働で、平成26年度から毎年実施しており、今回で4回目になります。
 今年度もNISSAN、Hondaからプロのドライバーとエンジニアを講師に迎え、自動車業界ならではのものづくりの技術、環境、モータースポーツなどの視点を取り入れた講義により、将来への希望を持つための「キャリア」と「環境」を融合した教育プログラムを実施します。


日時

 平成29年7月14日(金)10:45から12:25まで(3、4時間目)

 

場所

 横浜市立日野南中学校 体育館及び体育館前広場

横浜市港南区港南台4丁目37−1
(JR根岸線「港南台駅」徒歩14分/神奈中バス138系統「日野南中学校前」徒歩3分)  

 

ドライバー

 
高星選手     小林選手
  NISSAN 高星 明誠 選手  Honda 小林 崇志 選手 

 

プログラム

体育館プログラム

水道局から「環境保全の大切さ」やドライバーから「将来の夢」などについてお話します。

体育館プログラム

体育館前広場プログラム

生徒たちがエンジニアと一緒にタイヤ交換や運転席への乗車などの体験をします。

体育館前広場プログラム


MC

 

半田あいさん SUPER GT ステージMC/芸人こにわ さん
 【体育館】
フリーアナウンサー
半田あい さん
 【体育館前広場】
SUPER GT ステージMC/芸人
こにわ さん

取材のご案内

 取材を希望される場合は、7月13日(木)までに水道局公民連携推進課までご連絡ください。なお、駐車場に限りがありますので、車で来校される場合はご相談ください。
※このプログラムは授業の一環です。一般のお客さまは校内に入ったり、観覧したりすることはできません。


参考

SUPER GTとは

 株式会社GTアソシエイションが運営する国内最高峰のモータースポーツイベント。日本だけではなく世界中の自動車メーカーの様々な車種が出場していることが特徴です。1994年に全日本GT選手権として始まり、2005年にSUPER GTとして生まれ変わって今年で24年目を迎える歴史と人気を兼ね備えたビッグレースです。日本人ドライバーはもちろん、海外からもトップドライバーが参加し、活躍しています。


「水源エコプロジェクト(W-eco・p(ウィコップ))」とは

 横浜市水道局が山梨県道志村に所有する水源林の整備のため、企業・団体等の 寄附により支援いただくとともに、水源の大切さのPRを協働で実施しています。これまでに延べ17者と協定を締結しています。

ウィコップロゴ

横浜市水道局と株式会社GTアソシエイションとのコラボレーション

 「はまっ子どうし The Water」SUPER GTオリジナルボトルが「SUPER GT」の国内各レースで公式飲料として参加全チームに配付されている他、レースの優勝記者会見等でも活用されています。このオリジナルボトルは今年度、8月5日(土)、6日(日)富士スピードウェイで一般のお客さまも手にすることができます。

優勝会見  「はまっ子どうし The Water」SUPER GTオリジナルボトル
「はまっ子どうし The Water」を手に持つ優勝選手 
(平成29年5月4日富士スピードウェイ優勝会見)
「はまっ子どうし The Water」SUPER GT オリジナルボトル


水道局噴水マーク 横浜市水道局公民連携推進課 - 2017年7月7日作成
ご意見・問合せ - su-kouminrenkei@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0157 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.