- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

 

 【記者発表資料】

 水道局経理課

   電話:045-633-0145

   FAX:045-663-6732

 水道局工業用水課

   電話:045-954-3331

   FAX:045-953-4274

上手に使おう横浜の水

 





 

 

平成28年度 横浜市水道事業会計及び工業用水道事業会計決算(速報値)の概要

   ※ この決算は、監査委員の審査を経て市会に上程され、認定を受けて確定します。

      水道事業:純利益117億円を計上、企業債残高は38億円縮減
  
   工業用水道事業:純利益10億円を計上、企業債残高は7千万円縮減


1 決算(速報値)のポイント

水道事業会計

(1) 料金収入が減少する中でも、支出抑制により純利益は微増

     水道料金収入(税抜)は、一戸当たり平均使用水量の減などにより、前年度に比べ5億円減少し645億円となりました。

    一方で、物件費などの支出抑制に努めた結果、純損益は前年度に比べ6億円多い117億円の黒字となりました。

 

 ≪収支の状況≫                       (億円)

  28年度 27年度 増△減
 水道料金収入(税抜) 645 650 △5
 経常損益(税抜) 116 105 11
 純損益(税抜) 117 111 6
 企業債残高 1,607 1,645 △38

      
      水道料金収入の推移(税抜)


(2) 企業債残高は38億円減の1,607億円に縮減

     借金である企業債は、残高が増加すると元利償還金の増加につながり、財政硬直化の要因となります。
    借換えを抑制するなど、企業債残高の縮減に努めた結果、残高は前年度に比べ38億円減の1,607億円と
    なりました。 

      企業債残高の推移


工業用水道事業会計

(1) 料金収入・純利益とも前年度の水準を確保

      工業用水道料金収入(税抜)は微増(100万円の増)で、純損益は前年度とほぼ同じ9億8千万円の黒字となりました。

(2) 企業債残高は31億9千万円に縮減

      企業債残高は、発行抑制など、積極的な残高縮減の取組により、前年度に比べ7千万円減の31億9千万円となりました。



 ≪収支の状況≫                       (億円)
   28年度  27年度  増△減 
 工業用水道料金収入(税抜)   27.0    27.0     0
 経常損益(税抜)    9.7      9.1   0.6
 純損益(税抜)      9.8      9.9       △0.1
 企業債残高      31.9      32.6    △0.7













2 28年度に実施した主な事業  

 平成28年度は、年度当初の4月に熊本地震が発生し、大規模地震等の災害への備えの重要性について、再認識する一年となりました。水道局では、28年度に様々な災害対策の取組を行いました。今後も、多くの団体のご協力をいただきながら、災害対応力の強化に取り組んでいきます。
 また(3)のように、様々な道志水源林100年記念事業を行い、多数のご参加をいただきました。
        

  ※ 事業詳細については、URLを記載した水道局ホームページも参考にご覧ください。

(1) 災害時の応急活動について、横浜市管工事協同組合との連携を強化しました!!

  横浜市管工事協同組合※1と水道局の間で平成17年度に締結された「災害時の協力に関する協定」を29年1月に改定し、より迅速に水道施設等の復旧や応急給水活動が行えるよう連携を強化しました。
  これにより、市内に134か所ある災害用地下給水タンク※2について、応急給水訓練や実際の発災時における開設作業の補助として、同組合員企業に参加していただけるようになりました。

※1 市内に事業所または店舗を有する、主にご家庭の給排水管の工事などを行う事業者約300社を構成員とする団体
※2 普段は水道管として使われ、新鮮な水道水が流れているが、災害時に水圧が下がると自動的に出入り口が閉まり、タンクとなって水道水を確保する施設

 

災害用地下給水タンク

 

(2) 中村ウォータープラザの西側に防災拠点を整備!!

  中村ウォータープラザ(南区中村町)の西側に、防災拠点施設として、管路研修施設、給水ステーション※1、大口径備蓄材料等倉庫※2を整備しました。


※1 給水車等へ水を補給する施設
※2 主要管路の迅速な復旧活動等のため、大口径水道管等の必要資材を備蓄する倉庫



管路研修施設

 

(3) 道志水源林100年記念事業:延べ24,500人以上の皆様にご参加をいただきました!!

 横浜市は、明治30(1897)年に道志川から取水を開始し、水源保全のため、大正5(1916)年に山梨県から水源林を購入して、管理・保全に努めてきました。購入から100年の節目を迎えた平成28年度には、水源保全の重要性をPRするとともに、道志村への感謝の意を伝え、今後とも道志村と横浜市の友好交流を進めるため、様々なイベントを行いました。
 記念式典(道志村で開催、151人が参加)、記念フォーラム(横浜市開港記念会館で開催、276人が参加)、夏休み親子水源バスツアー(全9回、388人が参加)、道志の森カフェ2016(全7店舗、14,400人が参加)などを実施しました。それにより、約1,500人の市民に道志村を訪問していただき、道志村の自然を感じていただきました。また、横浜で23,000人以上の方々に道志村や水源についてPRすることができました。

 

夏休み親子水源バスツアー

 

参考資料

   「平成28年度横浜市水道事業会計及び工業用水道事業会計決算(速報値)の概要」 (PDF アイコン744KB)

get adobe reader※PDF(Portable Document Format)をご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」(無料)が必要です。左のアイコンよりダウンロードして下さい。



 


水道局噴水マーク 横浜市水道局経理課 - 2017年7月3日作成
ご意見・問合せ - su-keiri@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0109 - FAX: 045-663-6732
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.