- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

  

【記者発表資料】

水道局国際事業課
電話: 045-633-0160
FAX : 045-681-6572

上手に使おう横浜の水

 

 

 

 

 

横浜ウォーター株式会社が国内水道事業の課題解決に横浜市と連携して貢献します!
〜神奈川県座間市・茨城県坂東市の支援を行います〜

 横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町6-113、社長:五十川 健郎)は、横浜市が有する技術力やノウハウを活用し、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続可能な上下水道事業経営をサポートしています。
  このたび、同社が神奈川県座間市・茨城県坂東市とそれぞれ業務委託契約を締結し、持続可能な水道事業経営の支援を行うこととなりました。
  横浜市水道局も、同社との連携により、近代水道創設から培ってきた技術力や経験を生かし、両市の課題解決を支援していきます。

 

1 神奈川県座間市の支援について          [次のステップへ!]

  横浜ウォーター株式会社は、平成29年5月16日付で、座間市上下水道局(齋藤 昭一 公営企業管理者)と「平成29年度水道設備診断・健全度評価業務委託」の契約を締結しました。

神奈川県座間市
 給水人口 128,493人
 平均給水量  34,373立法メートル/日
 (座間市「平成27年度 水道事業の概要」より)
 座間市地図

 

(1) 概要

名称

 平成29年度水道設備診断・健全度評価業務委託

 

締結者

 座間市上下水道局、横浜ウォーター株式会社

 

期間

 平成29年5月16日から平成30年2月28日まで

 

内容

  • 設備台帳データの整理
  • 設備診断及び重要度・健全度評価
  • 施設維持管理手法の検討
  • 委託業務に関連する実地研修 等

(2) 支援の経緯

  • 横浜ウォーター株式会社は神奈川県座間市において、平成26年度に給水装置工事設計施工基準の改訂を支援し、平成27年度には外部委託の導入検討等を実施しました。
  • 今年度は、水道事業経営計画等の策定の元となるデータ作成のため、設備更新需要の検討に資する設備診断及び健全度評価を実施するとともに、施設維持管理手法の検討等を実施します。

 

2 茨城県坂東市の支援について         [さらにパワーアップ!]

  横浜ウォーター株式会社は、平成29年5月17日付で、茨城県坂東市(木村 敏文 市長)と「経営基盤強化方策検討及び水道ビジョン・経営戦略等策定業務委託」の契約を締結しました。

茨城県坂東市
 給水人口 45,844人
   平均給水量    13,430立方メートル/日
 (「平成27年版 統計ばんどう」より)
茨城県坂東市の地図 


(1) 概要

名称

 経営基盤強化方策検討及び水道ビジョン・経営戦略等策定業務委託


締結者

 茨城県坂東市、横浜ウォーター株式会社

 

期間

 平成29年5月18日から平成32年3月19日まで

 

内容

  • 包括的民間委託に係る発注者支援
  • 坂東市水道ビジョン及び給水装置工事の手引きの改訂
  • 財政収支計画策定支援
  • モニタリング支援 等

(2) 支援の背景及び経緯

  • 平成24年度に策定された坂東市水道ビジョンによると、坂東市の水道事業は、今後、水道料金の統合を目指していますが、現在は、岩井地域と猿島地域それぞれで料金体系を定めています。
  • 将来における水道料金統一の検討や持続可能な執行体制の構築に向けて、平成27・28年度に坂東市から民間委託・財政計画等アドバイザリー業務を横浜ウォーター株式会社が受託し、包括的民間委託に関する発注者支援、水道ビジョンの見直し、給水装置工事関連業務の現状評価など各種検討を進めてまいりました。
  • 本契約では、昨年度までの検討を踏まえ、包括的民間委託導入に係る発注者支援、水道ビジョン及び給水装置工事の手引きの改訂や財政収支計画策定支援等を実施し、同市における持続的な水道事業経営を支援してまいります。

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局国際事業課 - 2017年5月19日作成
ご意見・問合せ - su-kokusaijigyo@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0160 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.