- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局工業用水課
電話: 045-954-3331
FAX : 045-953-4274

上手に使おう 横浜の水

 

 

 

 

 

平成29年1月23日スタート! 工業用水道 Webで「かんたん!初期費用お見積りサービス」全国初!

 工業用水道の新規利用拡大を図るため、工業用水道の給水区域に新たに進出を検討される企業などが、ウェブページ上で、いつでも簡単にイニシャルコストとランニングコストが分かるサービスを導入します。

これまで お客さまにご来庁いただきご相談 これから ウエブページ上で簡単に確認

 

お見積りの流れ

 場所と水量を選ぶだけの簡単操作でお見積りが完成

 

ワン!

ツー!

スリー!
場所を選ぶ 水量を選ぶ お見積り!

場所を選ぶ

水量を選ぶ

お見積り!

 

1

Webページの地図上で給水場所を指定

2

1日当たりご使用される予定水量を選択

お見積り!

水道管の敷設工事費などの初期投資費用(イニシャルコスト)を表示します。

月間・年間の工業用水道料金(ランニングコスト)を表示します。

 ※サービスの開始は平成29年1月23日からとなります。

 

工業用水道とは

 工業用水は、工業に使用される水(雑用水を含む)で、塩素処理を行わないなど浄水処理が簡略化されています。そのため、安価に供給することができ、多量に水を使用する工場では、必要不可欠なものとなっています。
 横浜市の工業用水道は、昭和35年に京浜工業地帯における地下水汲み上げによる地盤沈下防止を目的として創設し、鶴見・神奈川及び保土ケ谷・西地区に給水を開始しました。その後、工業誘致地区の基盤整備を目的に拡張工事を行い、根岸湾臨海部や戸塚内陸部に給水区域を拡大し、一日当たり36万2,000㎥の給水能力をもって安定給水に努め、横浜経済の発展に寄与しています。(平成29年1月現在のユーザー企業:66事業所)

 

臨海部工業地帯やみなとみらい地区などにも給水しています。

 工業用水道は、工場で使用するほか、商業用施設やオフィスビルなどで多用途にご利用いただいています。

給水区域

給水区域

 工業用水道事業については、水道局のウェブページをご覧ください。

 

事前発表会の実施

 「平成28年度 はまピョンカップ」の展示コーナーで、デモンストレーションを行います。

(1)日時

 平成29年1月18日(水)9:20〜15:50(9:00開場)

 

(2)場所

 横浜情報文化センター6階 情文ホール(展示コーナー)
 横浜市中区日本大通11番地

 

(3)最寄り駅

 みなとみらい線 「日本大通り駅」3番出口徒歩0分

 

取材いただける場合、当日直接会場受付までお越しください。

 

案内図 
 


水道局噴水マーク 横浜市水道局工業用水課 - 2017年1月13日作成
ご意見・問合せ - su-kogyoyosui@city.yokohama.jp
電話: 045-954-3331 - FAX: 045-953-4274
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.