- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局資産活用課
電話: 045-633-0153
FAX : 045-681-6572
水道局水源林管理所
電話: 0554-52-2004
FAX : 0554-52-2915

上手に使おう 横浜の水

 

 

 

 

 

 

 

道志水源林の立木を売却します。

 横浜市水道局では、山梨県道志村に保有する「道志水源林」の人工林(ヒノキ)の一部を立木の状態で一般競争入札により、公募売却します。

 

 

1 売却物件

所在地:山梨県南都留郡道志村字大羽根3814番地
(樹種:ヒノキ、植栽年度:昭和9年、林齢:83年生)

 

  間伐面積 材積 間伐本数 最低入札価格(税抜)
物件1 約0.32ha 133.24㎥ 340本 110,856円
物件2 約0.43ha 251.88㎥ 498本 428,196円

 

 

2 公募の概要

  • 一般競争入札による公募方式とします。(有効な入札のうち、最低売却価格以上で最高額の入札をした方を落札者とし、その入札金額に、消費税及び地方消費税相当額を加えた額を契約金額とします。)
  • 入札保証金として、入札金額の100分の5(5%)以上(円未満切上げ)に相当する額の納入が必要です。
  • 伐採及び搬出運搬などの作業は、落札者が行います。

 

3 スケジュール等

募集要領の配布※

平成28年11月25日(金)〜平成28年12月22日(木)

申込受付期間

平成28年12月9日(金)〜平成28年12月22日(木)

入札日

平成29年1月18日(水)

入札場所

横浜市水道局水源林管理所(山梨県南都留郡道志村9020番地)

※11月25日(金)から、資産活用課(中区山下町23番地)及び水源林管理所で配布します。
※水道局ウェブサイトからもダウンロードできます。

 

4 ねらい

 水道局では、水源かん養機能(※1)の向上を目指し、通常の間伐のほかに、新たに「群状間伐」(※2)や「帯状間伐」(※3)を採り入れ、その場所に広葉樹の植栽を行い、生育状況を検証していきます。
 このたびの入札を行うことで、この新たな間伐方法の導入や水源林木材の利用拡大を目的とした資源の有効活用など、水源林保全のPR効果が期待されます。

※1 水源かん養機能…「水を蓄える」「水を浄化する」「洪水を緩和する」という3つの働きがあります。
※2 群状間伐…一定の長さを1辺とする正方形、又は一定の長さを直径とする円形に伐採する方法です。
※3 帯状間伐…等高線と直角に、下から上まで一定の幅で伐採する方法です。

 

 

5 案内図


案内図 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局資産活用課 - 2016年11月25日作成
ご意見・問合せ - su-sisankatuyou@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0153 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.