- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局青葉水道事務所
電話: 045-974-2331
FAX : 045-974-3127

上手に使おう 横浜の水

 

 

 

 

 

横浜市管工事協同組合と合同で地域住民参加の防災訓練を実施します!!

 水道局では、災害時の迅速な対応を図るため、横浜市管工事協同組合と「横浜市水道施設に係る災害時等の応急措置の協力に関する協定」を締結し、合同で防災訓練に取り組んでます。平成25年度から毎年実施し、今回で8回目です。
 このたび、横浜市管工事協同組合西部第二地区と奈良小学校近隣にお住いの方々にも参加いただき、地域との連携を重視した合同防災訓練を実施します。

 

日時

 平成28年11月26日(土) 10:20〜11:30 (雨天決行)
 (この訓練は、この日10:00から11:30に行われる奈良小学校地域防災拠点訓練の中で行われます。)

 

場所

 市立奈良小学校(青葉区奈良町1541-2)
 ※取材等でお車でお越しの場合は、近隣の民間駐車施設のご利用をお願いいたします。

 

アクセス

 ○こどもの国線こどもの国駅下車 徒歩10分
 ○横浜市営バス奈良小学校前下車 徒歩1分

 

訓練内容

配水管修繕訓練 応急給水訓練
破裂した配水管修繕訓練
(横浜市管工事協同組合による実演)
緊急給水栓(※)を活用した応急給水訓練
(横浜市管工事協同組合が用具を組立て、地域住民が給水を体験)

 

  (※) 緊急給水栓とは地震に強い水道管(耐震管)に臨時の蛇口を取り付けて給水する施設です。主に地域防災拠点に指定された小・中学校などに358基(青葉区内28基)整備しています。

 

 

参考1

 災害などで断水したときに誰でも飲料水を得られる場所を「災害時給水所」と呼び、緊急給水栓は災害時給水所の一つです。災害時給水所は、このほか災害用地下給水タンク、配水池などがあります。

参考2

 水道局では、昭和44年度から古くなった水道管(老朽管)の更新を始め、平成18年度からは更新する水道管すべてに耐震管を使用しています。現在は、昭和40年代の高度経済成長期に設置した水道管を中心に年間約110kmの管路を更新し、着実に耐震化に取り組んでいます。

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局青葉水道事務所 - 2016年11月22日作成
ご意見・問合せ - su-aobasuidou@city.yokohama.jp
電話: 045-974-2331 - FAX: 045-974-3127
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.