- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  



上手に使おう横浜の水

水道局公民連携推進課 
 電話:045-633-0157
 FAX:045-681-6572


press-20161024-1.jpg

 

 

株式会社日本ウォーターテックスと横浜市が「水源エコプロジェクト(W-eco・p)」協定を締結します!

 株式会社日本ウォーターテックス(本社:埼玉県幸手市、代表取締役 増田 眞理)は、港南区・栄区の水道メーター検針業務及び料金整理業務を受託しています。
 このたび、横浜市の水源地である山梨県道志村の水源林保全を行うため、横浜市と「水源エコプロジェクト(W-eco・p)」協定を新たに締結します。
 同社は協定に基づき、平成28年度から平成30年度まで各年度30万円を、水源林保全のため横浜市に寄附します。 

 

【協定の概要】

1 協定締結期間 

    平成28年度から3年間

press-20161024-2.jpg
横浜市の水源地 道志水源林

2 間伐地

 山梨県南都留郡道志村 道志水源かん養林

3 協定締結式

 平成28年10月28日(金)11:00から12:00まで
 横浜市水道局第一応接室
 (横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル11F)

4 協定締結者

 株式会社日本ウォーターテックス 代表取締役 増田 眞理
 水道局長 山隈 隆弘

 

「水源エコプロジェクト(W-eco・p(ウィコップ))」とは

横浜市水道局が山梨県道志村に約2,800ha所有し、100年にわたり計画的に管理、保全している水源林を、参加企業・団体等と協働で整備(間伐)する事業です。これまでに14の企業・団体と協定を締結しています。

 

協定締結企業(平成28年9月末時点)

株式会社京急百貨店、株式会社ブリヂストン、公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会、株式会社ファンケル、株式会社エコシティサービス、株式会社清光社、東京ガスエコモ株式会社、パシフィックコンサルタンツ株式会社、横浜読売会、株式会社GTアソシエイション、株式会社伊藤園、横浜信用金庫、株式会社ツクイ、株式会社メタウォーター

 

取材にお越しいただける場合は、10月26日(水)17時までに水道局公民連携推進課へご連絡ください。


水道局噴水マーク 横浜市水道局公民連携推進課 - 2016年10月24日作成
ご意見・問合せ - su-kouminrenkei@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0157 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.